コラム

2024年2月にかかったコロナウイルスについて

2024年2月6日にコロナの陽性反応を受けました。症状はどれくらいなのかを書いていきます。(個人の体験談なので、参考程度にしてください)

 

 コロナの検査をする前に40度近い高熱が出た

 

インフルエンザを感じさせるような、ものすごい高熱が出ました。コロナは熱が高くならないというイメージを覆されました。

 

 喉に極端な痛みを感じる

 

のどの痛さについては、かなりのレベルに達していました。高熱以上に、苦しみを感じるかもしれません。

 

トローチについては、短期的な効果にとどまります。のどの痛みを抑えたいのであれば、他のものを選択した方がよいでしょう。

 

 体に痛みがある

 

太腿、腰などに痛みを感じます。歩けないほどではないものの、覚悟しておいた方がよいでしょう。

 

 脂っこいものは食べにくい

 

焼餃子などについては、食べるのは難しいといわざるを得ません。ヘルシーなものを食べるようにしましょう。

 

 匂いは感じるし、食材の味もしっかりとわかる

 

コロナでは匂いを感じないといわれていますけど、今回はそんなことはありませんでした。嗅覚、味覚についてはしっかりしていたと思います。

 

 コロナ感染したらとにかく休め

 

休養をしっかりとることで、身体は元気になっていきます。退屈かもしれないけど、休むことだけに力を入れましょう。

 

 最後に

 

2024年2月のコロナは、感染力の高まったインフルエンザという印象です。

 

コロナの治療薬は9000円かかります。健康面だけでなく、お財布にも痛いので気をつけましょう。

 

筆者はロキソニンにて、熱を和らげています。コロナの治療薬は高いと思う人は、こちらで代用してもいいでしょう。

 

https://visualhunt.com/f7/photo/49582366423/754e52eeb2/

関連記事

  1. 日本には偏見の入った記事で溢れかえっている
  2. 『耳が痛い話』を聞くことの大切さ。
  3. ショートショート『庶民が大金を入手した末路』
  4. お父さんは色々とデカい
  5. エッセイ:『遠ざかる記憶』
  6. 「新型コロナウイルス感染症(COVID19)」という問題について…
  7. 権力者は君主制を好み、庶民は民主主義を求める
  8. 長時間のデスクワークについて
PAGE TOP