コラム

2024年1月場所の十両番付予想

2023年11月場所に基づく、2024年1月場所の番付予想をしていきます。

西
1錦富士大奄美
2水戸龍東白龍
3狼雅北の若
4琴恵光玉正鳳
5千代翔馬欧勝馬
6時疾風
7高橋獅子
8志摩ノ海紫電
9朝紅龍尊富士
10大翔鵬白鷹山
11欧勝海栃武蔵
12英乃海天空海
13勇磨千代丸
14千代栄天照鵬

十両の下位(12枚目~14枚目)が異様なほどに詰まっている

十両に残留させた力士の中、4人が本来なら幕下に落ちてもやむを得ない成績です。番付の下位である英乃海、勇磨もそろって負け越しているため、大渋滞をひきおこす結果となりました。

十両の成績の強弱だけで判断したあと、幕下力士の番付を入れています。そのこともあって、最近では類を見ないほど、番付を上昇させることになりました。

栃武蔵を西の14枚目、欧勝海を西の13枚目に据えるというやり方もあるかもしれません。その場合については、さらに窮屈な編成になりそうです。

最後に

正式な番付については、番付発表を待ちましょう。

 

https://visualhunt.com/f7/photo/52398093912/223aa80306/

 

陰と陽

関連記事

  1. 日本人のメンタリティを大切にしたい
  2. 「ふつう」と「ダイバーシティ(多様性)」
  3. 映画『ブレードランナー』をご紹介
  4. 結婚をテーマにした漫画増えたよね
  5. 『スライムを倒して300年、知らない間にレベルMaxになってまし…
  6. 「苦しい」が「楽しい」に変わる「つらい」を科学的になくす7つの方…
  7. 95歳で元気に働く
  8. 短編小説:『雪の日の在りし思い出』
PAGE TOP