サスペンス・ホラー

怖い話:『早朝の地下駐車場』

夕べは仕事帰りに仲間とお酒を飲んだ関係で、車を地下駐車場に残したままだった。

それを早朝に友人宅を出て、取りに来た。

パァン!

とクラクションが鳴り響いた。

ハッとして音のした方を見ると、子供が運転席から笑いながら、こっちを見ている。

「こんな時間に子供がいる!」

驚いている間もなく、駐車場の管理者が声を掛けてきた。

今、出勤してきた様子。

「ずいぶん早いですね」

「おはようございます。車とりに来ただけです」

と、言いながらさっきの車を見やると、そこにはもう子供の姿が無かった

あれ?どこの車だっけ?っと思い、視線を泳がせていると、

「どうかしました?」

「いや、さっき車に子供がいたんですけど・・・」

「ああ、その子、まだ出るんですね」

 

文章:百百太郎

関連記事

  1. 怖い話『死体現場ごっこ』
  2. 怖い話『とある砂浜での出来事』
  3. 怖い話『闇の中のヒモ』
  4. 怖い話『かまくら』
  5. 怖い話『手伝ってくれた人』
  6. 怖い話『わたしも食べたい』
  7. 目が覚めれば
  8. 怖い話『下宿』
PAGE TOP