コラム

自分を肯定したい

不安な状態だと、かえって馬鹿力的な何かが湧くタイプです(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。

割と頻繁に僕の記事が掲載される当ブログではありますが。

考えている本人はそれなり以上にしんどいことを強くアッピル(誤字にあらず)したい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回の記事は、「俺に自分を肯定させてくれ!」などといった話です。

個人的家庭環境

さて。何度か触れております通り、僕は「ものを書く」以外、なんにもできません。

そりゃあもう、社会不適合者レベルにマヂで、なーんにもできません。

もっともこれは、「それ以外をやる気がない」、「書くこと以外に、そもそも興味がまったくない」ことも、多分に影響していると思われますが……

じゃあ、家庭環境がそうなのか? って問われりゃ、まるっきり違うんですよね。

僕の親なんか、「作文」というもの自体が苦手というか、本人曰く「大嫌い」だそうで。

欠点をあげつらって嘲笑する意図は無いにせよ……

例えば、ある時の親が考えた、自治会の総会で発言する折の質問文なんか、そのままだったら無礼千万な文体でした。

要は「他人様にお伺いを立てる作法」が、まるでなっていない。

親から依頼を受けたので、僕が徹底的に赤入れをしました。

その際、「どこがどう悪いか?」も、懇切丁寧に説明。納得させるのは、結構骨でした。

そんな親は、「なんで(書くのが大好きな)アンタ(僕)みたいなんが産まれたか、分からん」とまで言います。

機会と手段がないので、調べようがないんですが、ご先祖様に、僕と似たタイプがいたのかも知れません。

もっともこれは、仮に知る術があって、ご先祖様との縁があったと分かったにせよ、「へえ」程度にしかならんとは思いますが。

「当たり前」は「非常識」

僕にとって「書く」ことは、ほぼほぼ「呼吸すること」に等しいんですよね。

誰だって、息ができなけりゃ死にます。

それと同じく、僕は「書く」ことを止めたら死ぬ、と思っています。

とは言え、それすなわち、湯水のようにネタが湧いてくるって意味じゃあないのですが。

しかし、なまじ「それなりに書ける」と、それが、自分の中での「常識」になる。

危ない。「自分の常識は、他人の非常識」です。

この辺、熟練の職人が、高度な技術を当たり前のように駆使するのと似ているかと。

(僕が熟練している、という意味じゃないですよ?)

ただ、手先の器用さなどの問題ではなく、「日本語を駆使する」ことが、そんなに難しいんだろうか?

OK、ワカってる。僕は長らく「言葉」と付き合っているからこそ、そう思うだけだ。

とは言えども、やっぱり、そんなに難しいことをやっている意識がないんですけどね。

ディスりたくはないものの……

神よ仏よ、何卒許し給え。

仲良くして頂いている方をディスる無礼を許し給え。

ただ、どーしても言いたい。言わねば己の毒になりかねない。ゆえに言う。

少し前のことです。

知人から、「小説を書いて懸賞に応募したので、試しに読んでくれ」と言われました。

曰く、「児童文学」であり、「絶対に結果を出してやろうと思って出した」そうです。

読みました。

「あ、おう」と思いました。

一言で言えば、「てんで話にならない」レベル。

児童文学どころか、最低限の小説としても成立していない。

さらに、表現のそこかしこから、イヤミなキザったらしさと、いかんともしがたい加齢臭を感じる。

この程度で、どの口が「絶対に結果を!」などと言えるのか?

そして、思った

いや、確かに僕も、懸賞小説においては、ほとんどが一次選考突破止まりですが。

それでも「そこそこには」書ける自信がある。

どうも「普通の人」が書いたら、「こういうこと」になるらしい。

その知人氏、「生まれて初めて書いた小説です」とのこと。

なるほど、初めて書いた小説で、賞を獲るような天才がいるのも事実です。

しかし、その知人氏の小説、「懸賞をなめんな?」と、大変な怒りに駆られる程度でした。

と、ここまで書いて「なぜ、こうも腹立たしいのか?」を、今一度考えてみました。

理由は明快。その知人氏、元々、僕が一時期通って修行したシナリオライター養成所の、同期の方なんですよ。

つまりは「書く」修行を一定以上積んだにもかかわらず、この体たらくかと。

話を戻しますが、しょっぱい現実として、世間一般では、「書けない」人が大多数の模様。

論文を発表するような研究者なら、また話は違ってくるでしょうが。

なんか、「普通に書ける」ことは、「割とレア」らしいの? え?

まとめ

ってことで、まとめます。

ごたごたと、「書ける」ことについて「ふしぎ!」と書かせて頂きましたが。

タイトル通り、要するに僕は、「自分を肯定したい」んですよね。

それだけの話のような気もします。

「執筆」というのは、地味なスキルです。

「誰にでもできる」と思っている人間が多いので、認めてくれる方も少ない。

優位性をアッピルするにも、ちとパンチに欠ける。

ではあるものの、やっぱり人間、人生の半分以上を捧げていることを、否定されたくはないですよね。

過去記事でも触れましたが、スキルの否定って、人格否定と同じですし。

偉ぶるつもりなんかないです。

まして、書けることでマウントを取るつもりなんざ、もっとないです。

そりゃまあ、個人のTwitter上のフォロワーさん方の中には、Web小説界隈で、僕なんかよりもっと人気の方もいる。

なんなら、書籍化された人もいる。つまり、僕より書ける人がいっぱい。

が、しかし。

あまりに「普段の周囲」が「書けない」人だらけだと、逆に「浮いている」気がする、この複雑さよ。

気にしたら負け、って話でもあるのですが、「自分の常識」がことごとく通用しないのはまだいいにせよ。

「支え」がないと、やっぱり不安になりますよね。

そんな、センシティブな十四かける3.5歳。

センシティブという言葉に謝れ。

んじゃまた。

 

文章:フジカワ

関連記事

  1. 生きるために必要なこと
  2. 二重基準を伴った「負債」が招き寄せるもの
  3. 心臓がトリプルアクセル!
  4. 鳩を轢き殺した男が逮捕された
  5. 葉真中顕『Blue』光文社文庫
  6. 気づき
  7. 本来の『蛙化現象』とは?
  8. プロにはお金を払おう
PAGE TOP