コラム

映画『学校』をご紹介

出典:(C)1993 松竹株式会社/日本テレビ放送網株式会社/住友商事株式会社

 

映画『学校』をご紹介

 

1993年製作、製作国日本、監督山田洋次氏

 

第48回毎日映画コンクール受賞、第17回日本アカデミー賞受賞の人間ドラマです。

 

1993年11月6日に日本で公開されました。

 

あらすじ

 

ある東京・下町の夜間中学が、舞台です。

 

卒業に向けて作文を書く授業から、始まります。

 

年齢も、境遇も違う様々な人たちが登場します。

 

クラス担任で国語教員の黒井先生こと西田敏行さんが、それぞれの生徒と関わり合うという、エピソードが綴られていきます。

 

そして、その中で、卒業を間近に控えた田中邦衛さん演じるイノさん(猪田幸男)が、黒井先生以外、皆に病状を知らされることなく、亡くなられます。

 

みどころ

 

皆の仲間意識というか、団結する姿に、魅了されます。

 

ラストの授業シーンでは、イノさんが幸せな一生を送れたのかと皆が思い、幸福というテーマについて授業が展開されていきます。

 

何が本当の幸せなのか?

 

答えを皆で話し合います。

 

最後に

 

人間の温かみを十分堪能できる秀作だと思いました。

 

日本中の人に観ていただきたい名作です。

 

 

文章:シャーペン

関連記事

  1. 歌舞伎町のジェンダーレストイレは4カ月で廃止
  2. 自分を責めるのはよそう
  3. 最低時給アップはA型作業所の利用者の収入増につながる
  4. 創るということ
  5. 井の中の蛙はヤドクガエル
  6. 「理性」というもの
  7. 2024年1月場所で感じたこと
  8. 映画『新聞記者』監督/藤井道人、主演/松坂桃李・シム・ウンギョン…
PAGE TOP