コラム

映画『ガンジー』をご紹介

出典:© 1982 Carolina Bank Ltd. and National Film Development Corporation Ltd. All Rights Reserved

 

1982年製作、製作国イギリス、インド、監督リチャード・アッテンボロー、マハトマ・ガンジーの伝記映画です。

 

1982年11月30日に公開。

 

1983年4月16日に日本では公開。

 

第55回アカデミー賞には11部門にノミネート。9部門受賞。

 

インドで「国の父」と尊敬されるガンジーの伝記映画です。

 

あらすじ

 

偉大なる魂、マハトマ・ガンジーが、暗殺されるところから、ストーリーが始まります。

 

南アフリカで、ガンジーが、不当な人種差別に抵抗運動をはじめ、勝利をおさめます。

 

そしてインドへ帰り、大英帝国の支配からインド独立へと、無抵抗、不服従、非暴力主義を貫き、

 

最後にインド独立を勝ち取ります。

 

みどころ

 

自国のヒンドゥー教徒と、イスラム教徒との対立に心を痛め、断食という方法で、命をかけた戦いを展開します。

 

ガンジーは言います。

「この世の悪魔たちは、我々の心の中にいるのだと、心の中で戦うのだと」。

 

胸に迫ってくる言葉ですね。

 

戦争当事者に、訴えていきたい言葉です。

 

最後に

 

ガンジーは、勇気をもって戦うのだと、自身の信念を貫いていき、最後は暗殺されますが、偉大なる魂、マハトマ・ガンジーとして、人類の永遠の偉人として輝いていくでしょう。

 

今まさに、この精神が必要だと感じずにはいられません。

 

ちなみに、ガンジーの生誕日の10月2日は、2007年6月の国連総会で、「国際非暴力デー」という「国際デー」とすることが決議されました。

 

 

文章:シャーペン

関連記事

  1. ショートショート『自業自得が招いた不幸の連続』
  2. 口先だけの人が多いらしい
  3. 小川寛大『南北戦争 – アメリカを二つに裂いた内戦』…
  4. 800万円を借りる、だと?
  5. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 下』
  6. 「手に馴染むキーボード・マウスは?」
  7. ショートショート『休日のひとときをゆっくりと過ごす』
  8. エッセイ:『少数派の我慢』
PAGE TOP