コラム

燃える闘魂、アントニオ猪木

 

元プロレスラーのアントニオ猪木さんが、2022年10月1日に、お亡くなりになられました。

 

本名: 猪木 寛至〈いのき かんじ〉さん。

79歳でした。

 

私達に、プロレスの面白さを十分に堪能させてくれました。

 

プロレスは、見せ物、八百長などと言われたりすることもありますが、たとえそれでも、あんなに熱中させてくれるものは、ないです。

 

新日本プロレスを旗揚げして、

 

スタンハンセンやタイガージェットシンとの戦い、ハルクホーガン、藤波辰爾、長州力との戦いなど。

 

また、異種格闘技での戦い。タイガーマスクの誕生など。

 

大いにプロレスをエンターテイメントとして盛り上げてくださいました。

 

空手家ウィリー・ウィリアムスとの戦いや、プロボクシング統一世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリとの一戦など、試合には見に行かなかったものの、テレビで夢中になって見たものです。

 

コブラツイストや卍固め、延髄斬りなどの必殺技。

 

引退後は、政界でも存分に戦い、北朝鮮など、国際関係の友好などにスポーツを通して尽力されました。

 

また、引退試合では、次のような名言を紹介されました。

 

「この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

 

踏み出せば

その一歩が道となり

その一足が道となる

 

迷わず行けよ

行けば分かるさ」と。

 

また、「元気ですかー、元気があれば何でもできる。」と皆を鼓舞していただきました。

 

最後まで自身の病魔と闘い、まさに戦いの人生だったと思います。

 

改めて感謝申し上げます。

 

どうぞ、ごゆっくりと、休んでください。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F7142%2F6632628105_cea1d1664f_c.jpg&s=67f33e6e70eda75d7a65b7516f707fea

関連記事

  1. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 中』
  2. 小説:『純喫茶』
  3. 短編小説:『異常な世界』
  4. 個人的に、息苦しい昨今。
  5. 口先だけの人が多いらしい
  6. 『プレイボール2』が最終回
  7. 短編小説:『事務所』
  8. ジョナサン・スウィフト『ガリバー旅行記』角川文庫
PAGE TOP