サスペンス・ホラー

怖い話『オバケがいる!』

 

3年ぶりに姉夫婦の家に泊りに行った。

姪っ子も8歳になっていた。

『以前のように私に懐いてくれるかしら?』

という心配もよそに、姪っ子は私との再会を大はしゃぎで喜び「今晩一緒に寝ようね」とまで言ってくれた。

 

姪っ子の遊び相手をした後、姉たちとの話は尽きることなく、夜遅くまではずんだ。

そろそろ寝ようとお化粧を落とし、お布団の敷いてある部屋に入ると、すでに姪っ子が寝息を立てていた。

私は姪っ子と同じ布団に入り、眠りについた。

 

そして朝。

「オバケがいる!」

部屋の外で姪っ子の大騒ぎする声で、私は目を覚ましたのだった。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/488315974/d4c1391f99/

 

 

関連記事

  1. 怖い話『丸められた紙』
  2. 怖い話『古い写真』
  3. 怖い話『のぞく子供』
  4. 怖い話『誰かいたはずなのに』
  5. 怖い話『帰ってきたよ』
  6. 怖い話『こっちだよ』
  7. 怖い話『誰の頭?』
  8. 怖い話『お前がいないと』

おすすめ記事

ロードマーク

事業所運営の継続性・安定性を基盤に、利用者が現在の状態を維持・継続・発展させていくためには、利用者と…

一方的に話しかける人からは逃げよう

 一方的な対人関係を取ろうとする人と対面したことはないだろうか。  ああいうタイ…

八潮市障がい者福祉施設やまびこ

施設の管理運営については、障害者総合支援法、八潮市障がい者福祉施設設置及び管理条例に基づき、利用者が…

ディライブひかり

練馬区立北町福祉作業所

「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」という社会福祉法人武蔵野会の基本理念を基調にして、「利用者…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP