コラム

悪夢からの解放

 

人には、思い出したくない過去の記憶があるのかもしれない。

 

傷つき苦しんだつらい記憶。

 

それを、癒していければ、いいのですけれど。

 

ある人にとってそれが、フラッシュバックになり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)となり、ずっと苦しむことになることもあります。

 

そこまでいくと、専門家に相談するなりという判断が必要になってきますが、トラウマを克服するには、覚悟が要ります。

 

それと向き合う事により、いやな記憶がよみがえり、また、ひどく傷つくという事になりかねません。

 

擦りむいた傷に塩をすり込むようなものです。

 

私自身、心の傷を負っているので、その気持ちは、ある程度はわかります。

 

なので、その傷を癒すために、ある本を紹介しておきたいと思います。

 

「すべての悩みを解決する鍵は自分の中にある『本当の自分』がわかる心理学」シュテファニー・シュタール【著】繁田香織【訳】大和書房です。

 

この本によって私自身、希望を持ち、癒されました。

 

「世界が絶賛した人間理解の必読書!」と紹介されていますので、よかったら一読して下さい。

 

また、悩んでいる人にも、薦めてみてもいいと思います。

 

 

文章:シャーペン

関連記事

  1. 小説:『自分の道(9)』
  2. 『とある献血ルームの、なんということもない日常 (1)』
  3. ショートショート『近未来の高齢者の行く先』
  4. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 中』
  5. 短編小説:『雪の日の在りし思い出』
  6. 『スライムを倒して300年、知らない間にレベルMaxになってまし…
  7. 短編小説:『自動販売機』
  8. ショートショート『働きたくない男の考え方』
PAGE TOP