サスペンス・ホラー

怖い話『誰かいたはずなのに』

 

高校時代の友人の話。

寄り道した関係で学校からの帰りが遅くなった時のこと。

玄関ドアを開けると廊下の向こうの襖から明かりが漏れていた。

そこからアハハハと笑い声も聞こえてくる。

 

「お笑い番組でも見ているのかな?」

 

と思いトイレに向かった。

トイレから出てくると、丁度、コンビニ弁当を手にした大学生の兄が帰ってきた。

 

「ただいま。お父さん、お母さん今日帰り遅くなるから、先に晩御飯食べてって言ってたぞ」

 

そういいながらコンビニ弁当をかざす。

 

「ん?テレビ見てるみたいだけど。帰ってきてるんじゃないの?」

「ほんとかよ、ついさっき携帯に電話してきたのに」

 

そう話しながら居間に向かうと、そこは誰もいない真っ暗な部屋だった。

気のせいかと思い、テレビの電源を付けるとお笑い番組をやっていたという。

 

友人は言った。

「おかしいんだよ、俺が家を出たのが最後だったんだけど、その時と違うチャンネルになっていたんだよ」

 

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/51526302583/ded97c7eaa/

 

関連記事

  1. 怖い話『作業服の男』
  2. 怖い話『早く見つけてよ』
  3. 怖い話『事故物件での出来事』
  4. 怖い話『あれはオバケに違いない』
  5. 怖い話『握り返してきた手』
  6. 怖い話『届かないボタン』
  7. 怖い話『カーテンの裏の子』
  8. 怖い話『わたしも食べたい』
PAGE TOP