コラム

コラム:『庭園にて』

 

大通りを歩く。辺りには通行人に踏みつけられた銀杏の実が、強い匂いを発している。

駅前ビルの方へとわたしは向かった。

 

すこし肌寒い。

 

都会の憩いの場としてつくられたらしい「庭園」と称されたスペースに、ぱらぱらと

まばらに男たちがいて、スマホや本を手にしていたり寝ていたりする。

 

男たちはみな独りでおり、それぞれが適度な距離をたもっている。

楽譜屋が開くまで時間がある。わたしも男たちの群れに混ぜてもらうことにした。

 

土曜の、朝遅い時間。空はしだいに曇ってきている。

 

喧噪のエアポケットとしての、都会の憩いの場。それは、家族連れやカップルなどの入る余地のない、おとこたちのやすらぎの場所となっている。

 

実際、まるでここに入るのに「暗黙の資格」とでも言いうるようなものが必要であるかのようだ。男であること、孤独であること、疲れていること、等々。

 

この「庭園」がつくられた当初はそんな属性を限定するような意図はあったわけがなく、自然とここを利用するものたちの属性が形作られていった、とでもいうかのようなのである。

 

庭園とは、消尽されたもののためのある種の理想の楽園であったのだ。

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/14894782238/859712a652/

関連記事

  1. フランツ・カフカ『城』前田敬作【訳】新潮文庫
  2. 君は一人じゃない
  3. 「ふつう」と「ダイバーシティ(多様性)」
  4. ガブリエル・ガルシア=マルケス著『百年の孤独』鼓直訳
  5. 山本甲士『ひなたストア』小学館文庫
  6. 崎谷博征『今だから知るべき! ワクチンの真実 – 予…
  7. 小川寛大『南北戦争 – アメリカを二つに裂いた内戦』…
  8. ショートショート:『心はひとつの出来事で救われる』

おすすめ記事

指定障害福祉サービス事業所すぎのこハウス(かねやまハウス)

春の選抜、2022の出場校予想

 選抜2022の出場校予想 北海道(1) クラーク国際高校が…

あいてらす

指定就労継続支援A型の事業の適正な運営を確保するために人員及び管理運営に関する事項を定め、適正な指定…

詩:『素直に生きたい』

素直に生きたい誰にでも良心はある…

ひまわり洗車場

ひまわり洗車場が運営する指定就労継続支援B型の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むこと…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP