コラム

コラム:『庭園にて』

 

大通りを歩く。辺りには通行人に踏みつけられた銀杏の実が、強い匂いを発している。

駅前ビルの方へとわたしは向かった。

 

すこし肌寒い。

 

都会の憩いの場としてつくられたらしい「庭園」と称されたスペースに、ぱらぱらと

まばらに男たちがいて、スマホや本を手にしていたり寝ていたりする。

 

男たちはみな独りでおり、それぞれが適度な距離をたもっている。

楽譜屋が開くまで時間がある。わたしも男たちの群れに混ぜてもらうことにした。

 

土曜の、朝遅い時間。空はしだいに曇ってきている。

 

喧噪のエアポケットとしての、都会の憩いの場。それは、家族連れやカップルなどの入る余地のない、おとこたちのやすらぎの場所となっている。

 

実際、まるでここに入るのに「暗黙の資格」とでも言いうるようなものが必要であるかのようだ。男であること、孤独であること、疲れていること、等々。

 

この「庭園」がつくられた当初はそんな属性を限定するような意図はあったわけがなく、自然とここを利用するものたちの属性が形作られていった、とでもいうかのようなのである。

 

庭園とは、消尽されたもののためのある種の理想の楽園であったのだ。

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/14894782238/859712a652/

関連記事

  1. ショートショート:『うさんくさい男』
  2. ちばあきおさんのキャプテン、プレイボールの感想
  3. 黄金の血液を持つ人もいる
  4. 小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(…
  5. できない人を頼ってはいけない
  6. 天使、悪魔ともいえる妖精(冬編)
  7. 小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(…
  8. 映画『サタンタンゴ』のご紹介

おすすめ記事

こんごうホーム

ウィルアークス 

個別支援計画に基づき、利用者の心身の状況等に応じて、その者の支援を適切に行うとともに、指定障害福祉サ…

第2あおぞら就労支援事業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支…

エコ工房四季 

(事業所の運営方針) 第 2条 事業者(事業所を運営する者。以下同じ)は、利用者が自立した日常生活又…

あがつま相談支援センターやまばと

新着記事

PAGE TOP