コラム

短編小説:『異常な世界』

 

ここはどこだ?

鍵のかかっていないスクーターがある。

俺はひょいと乗って走り出した。

 

風が心地よい。

 

途中から急にお面白みがなくなり、俺は、元の場所へとハンドルを切った。

帰ると盗まれたスクーターの犯人を捜していた奴に捕まってしまった。

俺は、観念して奴らの思う様にどこかへ連行された。

 

そこは、小さな町だった。

 

俺は小さな川の中に入ってその底にある泥をかきだすよう命じられた。

何故そんなことをしないといけないのかは、よくわからなかった。

他にも同じ様に泥をかきだしている人が何人もいた。

 

皆、黙々と作業をしていた。

 

一日の作業が終わり、俺は、解放された。

明日も同じ作業をするようにと命じられ、ある家人の家に居候することになった。

そこには情報を得る手段がテレビしかなく、雑誌は勿論、本も無かった。

どうやら、これは何かあるなと俺は考えた。

 

知識を得ることを、奴らは恐れているようだと思い至った。

この世界では、自分で頭を使って考えることをしない様に操って、奴隷のようにこき使い、
征服しようとしているのだ。

 

「今すぐここから逃げなければ」

 

俺はそう思い、逃げ出した。

でもどこへ逃げればいいのか。皆目見当がつかなかった。

俺は夜、とある病院へ侵入した。

 

この世界からうまく逃げ出せればいいのだが。

誰も気づくものはいなかった。

 

こそこそと話声が聞こえる。

俺は、聞き耳を立てたが、よく聞こえない。

もう元の世界へは戻れないのか。

 

すると

「ここで何をしている」

俺の後ろで声がした。

 

ああ見つかってしまったのだ。どうすることもできない。

 

俺は観念した。

前の家へ連れていかれた。

目覚めると、また、昨日の作業を続けるように命じられた。

こんなことが一生続くのかと思うと、俺は、やりきれない思いに駆られた。

 

ああ元の自由な世界に戻りたい。

はかない夢だった。

俺は、絶望した。

希望なんて何もない。

これが夢であったならと思うばかりだった。

そういう夢を見てしまった。

恐ろしい夢だった。

 

あの世界が現実にあったとしたら、空恐ろしくなった。

夢であって良かったと俺はつくづく思った。

 

 

文章:シャーペン

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F110%2F300996746_86e379f1c8_c.jpg&s=da4533443ce2080158bfb29815b95a29

関連記事

  1. 小さな煩い 大きな煩い
  2. 興味がないものは「いらない」か?
  3. 『ザッヘル=マゾッホ紹介』(河出文庫)ジル・ドゥルーズ著、堀千晶…
  4. 有限な時間の中で
  5. 樺沢紫苑著『読んだら忘れない読書術』サンマーク出版
  6. 課金は塵も積もれば山となる
  7. 睡眠不足で不調になる
  8. 究極の時間術
PAGE TOP