サスペンス・ホラー

怖い話『心霊的な何か』

 

家族で温泉旅館に泊まりに行った時のこと。

夜中に突然、額をパーン!と勢いよく叩かれて起こされた。

 

「何や!」

 

と起き上がると横で、親父が怖い顔をしていた。

親父が言うには、ふと目を覚ますと、隣で寝ている俺がカっと目を見開いていた。

何度呼びかけても反応がない。

これは、心霊的な何かに取り憑かれようとしていた、というのだ。

古い温泉旅館なので、そういうのもあるかもしれない。

自分はただ寝ているだけだったので、何とも言えないが、何かに憑りつかれようとしていたのは親父のほうなのかもしれない。

あの時、そんな顔をしていた。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/44031272/9736a81664/

関連記事

  1. 怖い話『待っている人』
  2. 怖い話『ドアが開けられないの』
  3. 怖い話『届かないボタン』
  4. 怖い話『死体現場ごっこ』
  5. 怖い話『お前は死んでるのか?!』
  6. 怖い話『公園のベンチで寝ていると』
  7. 怖い話『もう一人の住人』
  8. 怖い話『濡れた足あと』
PAGE TOP