サスペンス・ホラー

怖い話『心霊的な何か』

 

家族で温泉旅館に泊まりに行った時のこと。

夜中に突然、額をパーン!と勢いよく叩かれて起こされた。

 

「何や!」

 

と起き上がると横で、親父が怖い顔をしていた。

親父が言うには、ふと目を覚ますと、隣で寝ている俺がカっと目を見開いていた。

何度呼びかけても反応がない。

これは、心霊的な何かに取り憑かれようとしていた、というのだ。

古い温泉旅館なので、そういうのもあるかもしれない。

自分はただ寝ているだけだったので、何とも言えないが、何かに憑りつかれようとしていたのは親父のほうなのかもしれない。

あの時、そんな顔をしていた。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/44031272/9736a81664/

関連記事

  1. 怖い話『お入りください』
  2. 怖い話『守る人』
  3. ホラー:「白骨死体のある家」
  4. 怖い話『二階の子供』
  5. 怖い話『誰の頭?』
  6. 怖い話『夜中のお使い』
  7. 怖い話『スリッパ』
  8. 怖い話『飛んでいるもの』

おすすめ記事

アベル

日常生活に関する指導や助言等を行いつつ、生産活動の機会を提供し、社会参加を通し、社会的自立に向けた支…

女子の高校野球が甲子園で開催されるかもしれない

  女子の高校野球(硬式)を甲子園で開催する。そのような案が浮かんでいるというニュー…

ひばり

障害者が自立した日常生活や社会生活を営む事ができるよう、障害の特性を理解し 一人一人の能力の向上の為…

あとりえふぁんとむ

さつき園

色々な年代の利用者さんたちと楽しく関わり合う中で、成長できるよう支援します。また集団生活の中で社会の…

新着記事

PAGE TOP