人生

良心を信じたい

 

どんな悪人にも良心があると思いたい。生まれた時から悪人であるという事はないと思います。

 

仏法では、どんな人にも仏性というものがあると説きます。

 

爾前教で不成仏とされてきた悪人、女人、二乗が成仏できると説きます。

 

それは、全ての人に仏性があるからなのです。

 

宇宙自体が慈悲の当体で、その真髄が慈悲だからです。

 

仏法ではそう説きます。

 

私達は、その宇宙の一部分であり、小宇宙であると説きます。

 

大宇宙が海とするなら、小宇宙である私達は、生起消滅する波のようなものであると。

 

一人一人がかけがえのない尊い存在であります。

 

ただ、元品の無明に覆われて汚れていろいろな姿を現じているのです。

 

仏典に

「譬えば、闇鏡も磨きぬれば、玉と見ゆるがごとし。ただ今も一念無明の迷心は、磨かざる鏡なり。これを磨かば、必ず法性真如の明鏡と成るべし。深く信心を発して日夜朝暮にまた懈らず磨くべし。」

とあります。

 

曇った鏡も磨けば玉のようにきれいに何でも映せる鏡になる様に、命も磨けば、浄化されて美しく強く輝きだすのです。

 

そしていつも磨いていないと曇ってしまうので、常に磨くことが必要なのです。

 

そうすることによって、また化他行(人にも教えること)もして大満足の人生に誰でもなれると説きます。

 

なので、誰人にも良心(仏性)があると信じていきたい。

 

全ての人が幸福に。

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/50158167567/019da1cfce/

関連記事

  1. 束縛、執着心は人生を狂わす
  2. 人間は生きているだけで幸せ
  3. 心の拠り所
  4. 思いやりのつもりが、相手にとっては押し付けとなる
  5. 障碍者として生まれたために失ったもの
  6. 平凡が幸せへの近道
  7. 優秀な人間は接しにくい
  8. 究極の成功法則
PAGE TOP