コラム

短編小説:『天使の昇天』

 

海岸に天使が流れ着いた。壊れてしまい打ち捨てられたボートのように横たわっている。

 

だらしない太鼓腹を横にして、禿げ上がった頭をもつそれは、たしかに天使であるようだ。

というのは、背中に大きな翼があったからだ。それはひどく薄汚れていた。

さらに、でっぷりとしたお腹に小さく「Angel」と刺青のようなものがあったからである。

 

というわけで、村人たちはそれを天使であると断定した。

 

天使は怪我を負っており、体の所々にかさぶたができていて、ずっと動かず横たわっているのだが体を動かしたときに苦悶の表情を見せた。

 

どうやらひどい扱いを受けたようである。なぜなら天使だからだ。

 

村人たちは、それが天使であることに、ますます納得した。

 

触らぬ神に祟りなし、と言われる。村人たちは天使に接触を試みることはなく、遠くから拝むだけにとどめることにした。天使は崇拝の対象となったのだ。

 

漁村はもう何年も不漁が続いており、村を見捨てて出ていく若者や、餓死してしまう気の弱い老人や、食料を奪い合う輩などがいた。

 

しかし、天使が海岸に流れ着いたころから、徐々に魚が獲れはじめ、半年後にはこれまで誰も見たことがないほどの豊漁となった。

それゆえ、天使はますますあがめられることになったのである。

 

 

ある夜、輩が悪事を働いた。

天使を連れ去ったのだ。

 

嫌がる天使はセイウチのように身をよじらせてキュウキュウと苦しそうな鳴き声をしている。

トラックで天使を運ぶ輩はそれに驚いて、ハンドル操作を誤りガードレールに激突し、トラックは轟音を立てながら海岸に転がっていった。

 

そのとき村人たちは見た。天使の昇天を。

薄汚れてしぼんでいた翼がみるみるうちに清浄な白さを得て大きく力強く開いた。

空が一瞬のうちに明るくなり、天使が還っていったのだ。

 

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/50573200553/4bd4e96a7c/

 

関連記事

  1. ホルヘ・ルイス・ボルヘス著『伝奇集』のご紹介
  2. 前野隆司著『実践ポジティブ心理学』のまとめ【第六回】
  3. 「道を訊く」エピソード三選
  4. 短編小説『利用されているのに、未来に期待する愚かな男』
  5. ショートショート『パワハラ、セクハラ問題に真摯に取り組んだ結果』…
  6. 小説:『自分の道(3)』
  7. コラム:『この世にはないものを求めて』
  8. 一人の若者が太宰治について思うこと
PAGE TOP