就労

できない人間は誰も幸せにしない

 

 ビジネス上に特化して持論を述べれば、「できない人間は誰も幸せにしない」という考え方を選択する人もでてくると思います。

 あることが非常に苦手、不得手である人がいたとします。そういう人というのは、知らず知らずのうちに、たくさんの人を不幸にします。

 

 できない側は被害妄想に陥りやすい

 

 「自分は頑張っている」、「自分はやっている」と思っているのに、他人から注意されることになります。これが繰り返されるようになると、被害妄想に陥る危険性が高くなります。

 

 できない人間と付き合う人もデメリットが大きい

 

 余計なことをさせられるため、手間、ストレスが増えることになります。実被害を受けることによって、ストレスを蓄積させてしまいます。労力もかかることになり、身体を壊しやすくなるというデメリットもあります。百害あって一利なしという状況が作られます。

 

 能力アップで解決できる

 

 能力を上げることによって、お互いの敵対意識を軽減させることができます。他人に迷惑をかけないよう、能力をあげていきましょう。

 

 まとめ

 

 できない人間というのは、誰も幸せにしません。そうならないために、気を配っていきましょう。

 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/photo5/559460/

関連記事

  1. テレワーク明けで体調不良になった男の体験談
  2. 仕事は頑張りすぎないことで長続きさせられる
  3. 在宅勤務のメリット、デメリット(部下にプラス、上司にマイナスの大…
  4. 他人のためになることのできない、人間の特徴
  5. 仕事をすることと感謝されること
  6. 障碍者支援機関に登録する際の注意点
  7. 上司に根性論者が多い理由
  8. テレワークの昼休憩の過ごし方
PAGE TOP