サスペンス・ホラー

怖い話『小さな靴下』

 

車の後部座席に、赤ん坊用の小さな靴下があった。

誰かがイタズラして投げ入れたか、風に飛ばされて飛び込んできたか?ってとこだろう。

 

よく考えないまま、ポイっとゴミとして処分した。

 

後日、友人から

 

「この間、女の人乗せてたじゃん?あれ、何だったの?」

 

と聞かれた。

 

「何それ?見間違いじゃないの?」

 

「いや、後部座席に乗せてたでしょ?赤ん坊抱いた白い着物の女の人」

 

いつの間にやら親子の幽霊が乗り込んでいたらしい。

 

あの靴下、もう捨てちゃったんだけど・・・、あとで「わたしの赤ちゃんの靴下返して~~~」って来たらどうしよう?俺、憑りつかれて殺されるのかな?

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/50607311778/cd3c54bf3e/

関連記事

  1. 怖い話『あしあと』
  2. 怖い話『ガラス越しのポスター』
  3. 怖い話『自分だけが違う夜』
  4. 怖い話『心霊的な何か』
  5. 怖い話『看板人形』
  6. 怖い話『落ちていった人影』
  7. 怖い話『わたしの部屋はどこ?』
  8. 怖い話『増えた死体』

おすすめ記事

株式会社飛騨しいたけ 

利用者が自立した日常生活・社会生活を営めるよう、利用者を雇用し就労の機会を提供するとともに、就労に必…

みなくる 

事業所は利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう 当該利用者を雇用して就労の機会…

Rickeyクルーズあすと長町

他の誰でもない、その人が持つ強みや魅力を活かし、「自分らしく働く」を実現する…

【第三回】『市場に評価される方法を学ぶ』

ちきりん『マーケット感覚を身につけよう』ダイヤモンド社 の紹介本…

HOPE神田

一般就労に向けた知識、能力の習得と、一般就労への移行に向けて支援します。 (運営方針) 関係法令を遵…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP