旅・スポット

阪急電鉄『阪神国道駅』と周辺紹介

 

 阪急電鉄『阪神国道駅』は、阪急今津線の駅です。

 駅名の阪神国道とは駅前南側を交差するように走る阪神国道(国道2号線)から来ています。高架駅で1階に改札口があり2階がプラットホームになっています。プラットホームは2面で線路1線の構造になっています。

 

 駅の東にはかつてはアサヒビール西宮工場があり当時は駅までビール酵母の香りがする特徴的な所でしたが、2012年の移転にともなう操業停止で85年の歴史が終わりました。

 

 アサヒビール西宮工場跡地の東隣にはニッカウヰスキー株式会社西宮工場があります。ニッカウヰスキー株式会社西宮工場は昔ウィスキーを造っていましたが今はウィスキーを作っておらず業務用チューハイとハイボールを造っています。ニッカウヰスキー株式会社西宮工場も2024年に操業停止になります

 

 駅の北側や東側はかつて大きな工場が立ち並ぶ工業地帯でしたが、工場が操業停止や移転などで無くなったため今では空き地が目立ちますが、空き地には総合病院が建つことが決まりました。

 

https://nishinomiya.keizai.biz/headline/835/

©兵庫・西宮の2病院統合 アサヒビール工場跡に新病院、2022年度着工へ – 西宮経済新聞

 

文章:北山南河

 

画像出典 https://foter.com/f7/photo/44739658534/71b2b92580/

関連記事

  1. 岡山県倉敷市のタイ焼き屋:「鯛よし」の紹介
  2. 沖縄観光スポット【ベスト5】②
  3. 橋の上に建つ駅:『阪神武庫川駅』とその周辺紹介
  4. 沖縄観光スポット【ベスト5】④
  5. 阪神電鉄『打出駅』と周辺紹介
  6. 米で作った酒、日本酒発祥の地と伝えられる兵庫県宍粟(しそう)市の…
  7. JR『大垣駅』:周辺散策案内
  8. 大阪の『中之島』の御堂筋より西側紹介
PAGE TOP