就労

「頑張っている」、「努力している」のからくり

 

 あくまでも、ビジネス上でのことだと限定した話です。

 そうすると、「頑張っている」、「努力している」は、取柄のない人に対して使用する言葉とも受け止めることができます。

 

 仕事でのいろいろな場面において、「頑張っているね」、「努力しているね」といわれたことはありませんか?

 

 悪い言葉ではないものの、努力以外に評価するポイントがないことを示しています。実績を出しているのであれば、その部分を褒められるはずです。

 

 「頑張った」、「努力した」は自分を正当化するために使用されることが多い

 

 自分から頑張っている、努力しているという人をよく見かけます。こういう人は自分が頑張っているにもかかわらず、他人から不当な評価を下されていると考える人が多い印象を受けます。他人の評価を受け付けない人といえるでしょう。

 

 「頑張った」、「努力した」という人は、自分ができていると思っていることも少なくありません。認知バイアスが働いているように感じられます。

 

 社会は結果がすべてである

 

 ビジネスで評価されるためには、結果を残すことが重要となります。

 それ以外の方法では、評価を得ることはできず、居場所を失うことになります。

 

 まとめ

 

 「社会人=結果」が全てです。他人に認められたいと思うのであれば、成果だけを考えるようにしていきましょう。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/33577118506/857c4093e5/

 

関連記事

  1. 上司の90パーセントは部下のやる気を下げる天才
  2. 求人広告の「エクセル、ワードが使える人」の条件付けは、無意味…?…
  3. 就職に学歴は必要か
  4. ポエムのお知らせとご報告と感謝を伝えます!
  5. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている
  6. 尊敬できる上司も多い
  7. 私の父は電車の運転手をしていた
  8. 気持ちよく働ければ仕事は長続きする

おすすめ記事

怖い話『お母さんがいない』

冬の豪雪地帯での話。警察官がパトロールしていると、とある一件の家の前で、ひとりの…

京都市うずまさ学園

小金井市福祉共同作業所

地域生活支援センターひびき 

利用者一人一人の環境や状況に合わせて、利用者の方々が安心して地域生活が送れるよう総合的に支援いたしま…

どんぐりファクトリー

利用者さんに対して、自立と社会経済活動への参加を促進する為に、必要な訓練を適切に行う。利用者さんの意…

新着記事

PAGE TOP