コラム

映画『南極料理人』のご紹介 

映画『南極料理人』のご紹介 

 

はじめに

 

『南極料理人』(2009)は、南極観測隊員として調理を担当していた西村淳のエッセイ、「面白南極料理人」を原作とする映画です。

 

主人公の西村を演じるのは、堺雅人。脇を固めるのは、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補といった個性派実力派俳優たち。

真冬の網走で行われたロケでは、実際の観測隊さながらの共同生活をおくり、隊員たちの密接した関係を最大限うまく描いています。

 

みどころ

 

堺雅人演じる西村が作る料理は、本当にどれも美味しそうです。

伊勢海老などの高級食材が使われることもあり、またおにぎりなどの身近な食べ物もあり、とにかく美味しそうなのです。

映画『かもめ食堂』などでフードスタイリストを務めた飯島奈美さんが参加していることがとても大きいです。

 

南極では水がとても貴重なのに勝手にシャワーを浴びてしまう迷惑隊員や、きたろう演じる隊員が「らーめん食べたい」と西村に懇願し、一生懸命その願いに応えるところなど、隊員たちの人間くささがコミカルかつ情け深く描かれ、とても好感がもてます。

 

南極大陸での観測の大変さや、狭いなかでの人間関係のトラブルといった負の部分もしっかりと描きつつも、人間が寄り添って生きていく楽しさも存分に表現されます。

 

 

おわりに

 

気軽に見られテンポもよく、脱力系の笑いもあるので、気を張らずに楽しめる作品です。

 

日々ちょっと疲れているな、と感じる人には、一番おススメできます。

 

 

文章:parrhesia

関連記事

  1. 映画『サタンタンゴ』のご紹介
  2. 山本甲士『ひなたストア』小学館文庫
  3. 映画『TENET テネット』をご紹介
  4. 【第五回】『市場性の高い環境に身を置く』
  5. 映画『草原の実験』のご紹介
  6. 怖い話:『蹴りたいドア』
  7. 物語の一巻目を簡単に解説! 第四回【Rosen Blood】
  8. 瀬木 比呂志『絶望の裁判所』講談社現代新書
PAGE TOP