詩・ポエム

詩:『高台にある美術館』

 

高台にある美術館

 

海を見晴らすことのできる

 

ちいさな個人美術館

 

亡くなった画家の奥さんが

 

今は館長をしている

 

良家の令嬢であった奥さんが

 

ハンサムな旦那を支えていた

 

海外で暮らし海を描いていた

 

この美術館は

 

旦那の生きた証として

 

奥さんが建てたもの

 

残ったのは

 

画家の業績ではなく

 

奥さんの

 

旦那さんへの愛だったのだ

 

文章:parrhesia

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/11167098995/ed750ceeee/

関連記事

  1. 『青春とは』―人それぞれ青春の感じ方は違うー
  2. 『どうして……』
  3. 『求め過ぎないこと』―相手に求めれば、求める程にどつぼにはまるー…
  4. 『もう春なんだ…』―毎年年度が替わるのは早い―
  5. 『心の傘』―心に大きな傘を差してあげよう―
  6. 『卒業』―悲しみは、笑顔になれる魔法―
  7. 『幸せの時間』―あなたに捧げたいー
  8. 『1ページに刻まれる』―人生何冊自分の本ができるのだろう―
PAGE TOP