コラム

シュテファニー・シュタール『「本当の自分」がわかる心理学』大和書房

 

シュテファニー・シュタール『「本当の自分」がわかる心理学~すべての悩みを解決する鍵は自分の中にある』

 

 

幼少期の体験が、その後の人生を左右するほどの重要性を持ち、しかもその時の経験が大人になった段階で、はっきりと意識されなかった出来事は、潜在意識の中にのみ、取り残されたままとなって、自身の心の片隅に仕舞い込まれていたりいます。

 

 

無意識下に留まった未解決ゾーン。

 

 

ややもすると、過去の出来事が昇華されずに、その人の生きづらさを形成している要因として残っているため、著者は自己の内面を見つめ直す作業が重要だとの観点から、そうした課題を克服する方法を語っています。

 

 

 

ごく簡単に紹介しておきますと、自分の内面を「ポジティブ思考」と「ネガティブ思考」に分けて捉えます。

ポジティブ思考の方は、本書の言葉で言えば「日向子」

一方のネガティブ思考は「影子」

 

 

影子は、幼少期の悪い体験が個々の心の中にトラウマとして残った体験です。それが今も無意識の内に留まり続けているため、自身をコントロールし続けているとのことです。

 

 

これらの対策には、日向子を活用すべきだと著者は考えます。 大人の論理を使える日向子が、時には影子を励ますことで、心の傷が徐々に癒されていくという方法論を展開していきます。

まず影子の存在を認めることから始めます。

そうすると、その人が過去のトラウマに対して、冷静に対処できるような変化の時が訪れることになります。

 

 

要するに、悩みの対処法を外側に向けるのではなく、自己の内面から捉え直す視点を優先して、自己における課題の解決を導き出す方向へ誘う本でした。

 

文章:justice

関連記事

  1. 佐藤 優『官僚階級論-霞が関といかに闘うか』モナド新書
  2. プロ棋士を生で見た感想
  3. ポーの四条件
  4. 小説:『友達のいない男は、クラスメイトの男性恐怖症克服に協力させ…
  5. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  6. 吉村萬壱『死者にこそふさわしいその場所』文藝春秋
  7. 樺沢紫苑『精神科医が教える病気を治す 感情コントロール術』あさ出…
  8. ショートショート:『うさんくさい男』

おすすめ記事

ITワークス浦和

f 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、就労の機会を提供するとと…

就労支援施設せっぺかん

事業者は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに生産…

みなみ

利用者が自立した日常生活又は,社会生活を営むことができるよう,利用者の意向,適正,障害の特性その他の…

ライフサポートりんどう相談室

居宅において単身等で生活する障がい者に、常時の連絡体制を確保し、障がいの特性に起因して生じた緊急の事…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP