コラム

ホルヘ・ルイス・ボルヘス著『伝奇集』のご紹介

画像:ホルヘ・ルイス・ボルヘス『伝奇集』岩波文庫

 

このコラムでは、ボルヘス著『伝奇集』を紹介します。

写真はなんだか怖いですが、怪奇もの(ホラー)ではありません。

 

ボルヘスについて

 

ホルヘ・ルイス・ボルヘス(1899ー1986)は、アルゼンチンの小説家・詩人です。

幼い頃から父親の膨大な蔵書から本を読み漁り英米文学に親しんでいたボルヘスは、父親の眼の手術や子供たちの教育のためにスイスに移り住み、のちにスペインで暮らすなどヨーロッパの空気を吸います。

 

幻想的な短編作品で知られ、とてつもない読書量から該博な知識を駆使して書かれる作品は、宗教と神話、哲学、夢と虚構、孤独と幻想などを主題としています。

 

図書館の司書をしていましたが、独裁者ペロンが政権をとると、政権を批判したと言いがかりをつけられて食肉市場の家畜検査官にされてしまいます。

60年代にはサミュエル・ベケットとともにフォルメントル賞を受賞し、国際的な名声を得、オックスフォード大学などの大学から名誉博士号を取得しました。

生前から名声が高かったにもかかわらずノーベル賞を受賞することはかなわず、そのことがノーベル文学賞の価値を疑問視する向きの根拠にされています。

 

父親からの遺伝性の眼の病気があり、度重なる手術むなしく光をうしなってしまいます。

しかし、秘書に口述筆記を頼んで執筆をし、数々の講演をするなど活動を続け、晩年には日本も訪れています。日本はお気に入りの国であったようです。

 

『伝奇集』

 

8つの作品からなる「八岐の園」と、9つの作品からなる「工匠集」を合わせた短編集が、『伝奇集』です。

 

そのなかで、『円環の廃墟』を取り上げます。

 

男が命からがらたどり着いたのは円形の境内で、かつては神殿だったが昔の火事で焼け崩れて廃墟となっています。そこで男は眠り夢を見ます。

 

以下、すこし引用します。

 

”夢をみようという考えをきっぱり捨てたが、とたんに、ほとんどひと月を眠ることができた。その間、まれに夢をみることがあったけれども、内容には注意を払わなかった。ふたたび仕事にかかるために、男は月が完全に円くなるのを待った。夕方、川の水でその体を清めた。星の神々を拝んだ。大いなる御名の綴りを正しくとなえ、眠った。ほとんど同時に、

鼓動する心臓が夢に現れた。”

 

魔術師が夢のなかで弟子を作り上げるという様が、作者と作品との関係を暗示しています。

 

一文一文は短く簡潔な文体でありながら、幻想的な物語がつむがれます。

 

さいごに

 

他にも、無限の蔵書を誇る図書館が世界そして宇宙の無限や分からなさを示す「バベルの図書館」などがあります。

 

ある一個の迷宮としての文学作品を創造することで存在の意味を探求する特異な作風に魅了されます。

ボルヘスは、「可視の宇宙は幻視、あるいは誤謬である」という有名な言葉を残しました。

 

このような不思議な作品に酔いしれるのはいかがでしょうか。

 

 

文章:増何臍阿

 

 

関連記事

  1. 才能は天性だったとしても、努力を怠ってはならない
  2. ショートショート:『心はひとつの出来事で救われる』
  3. 劇場版アニメ『鹿の王 ユナと約束の旅』の紹介
  4. 短編小説:『事務所』
  5. ショートショート『パワハラ、セクハラ問題に真摯に取り組んだ結果』…
  6. 自分のために、「人のために生きよう」
  7. 小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(…
  8. 竹本健治『闇に用いる力学』光文社 

おすすめ記事

チョボラ伊万里店

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して統合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が…

ワークセンタータートルステップ

私たちは、障がいのある一人一人の意思を尊重し、地域の中で、主体的に充実した生活を続けられるよう、個々…

自立支援センター 希望園

利用者のニーズに合った福祉サービスを提供し、働く楽しみ、生きる喜びを共有し、社会参加、自立促進により…

就労継続支援事業所 ないすらいふ

利用者に就労の機会を提供するとともに、日々の作業を通して生活と労働の基本を身に付け、自立した社会生活…

槇島福祉の園 

法人理念とビジョンに沿い「地域で働き地域で暮らす。ゴールは地域へ」を基本理念として特に利用者個々の課…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP