コラム

映画『台北ストーリー』のご紹介

 

『台北ストーリー』のご紹介

 

『台北ストーリー』(1985)は、エドワード・ヤン監督の台湾映画です。
変わりゆく大都市・台北ですれ違う男女の恋愛を描いた傑作です。

はじめに

 

台湾ニューシネマの旗手となった人々が結集して作り上げた作品、それが『台北ストーリー』です。
主演のホウ・シャオシェンは映画監督でもあり、のちに『悲情城市』などの傑作を世にだしています。
日本では映画祭などで上映されたものの長らく劇場未公開でした。しかし、エドワード・ヤン生誕70年となる2017年に、4Kデジタルリストア版で劇場初公開が実現しました。

 

みどころ

 

台北ストーリー

 

舞台は1980年代の台北。少年時代にリトルリーグのエースとして期待されたアリョン(ホウ・シャオシェン)は、実家の家業を継いでいる。恋人のアジン(ツァイ・チン)は、不動産デベロッパーとして働くキャリアウーマン。
過去にとらわれる男と、未来に目を向けて生きる女の擦れ違いが、急激な変貌をとげなお変わり続ける都市・台北とともに鮮やかに描かれます。

時代の荒波に翻弄されて生きる姿は、現代の日本の私たちにも全くもって通じ合う、人々の普遍的な在り方を見事に映しだしています。切実なものを、観るものの心に刻み込むかのようです。

さいごに

 

台北ストーリー

 

ほろ苦い恋愛模様と切ない物語、という以上の、とても大きな普遍的なものを表現しつくしています。
胸をうたれることは、これは間違いありません。

この機会に、ぜひ観ていただきたいです。

 

文章:parrhesia

関連記事

  1. 胸に刻みたい言葉1
  2. 暑がりさんVS寒がりさん
  3. 【第四回】『失敗と成功の関係を理解する』
  4. 罪を憎んで人を憎まず
  5. 吉村萬壱『死者にこそふさわしいその場所』文藝春秋
  6. ショートショート『夕食は鍋』
  7. 歌舞伎町のジェンダーレストイレは4カ月で廃止
  8. 「善き友」を求めていきたい
PAGE TOP