コラム

ルイス・スアレスの涙

 

ルイス・アルベルト・スアレス・ディアスは、ウルグアイ出身のフットボール選手です。

エールディビジ(オランダ)、プレミアリーグ(イングランド)、ラ・リーガ(スペイン)の三つのリーグで得点王となっています。

 

難しい態勢からのシュートを決め、様々な得点パターンを持ち、決定力がある。

フォワードに求められる能力をことごとく備える、素晴らしい選手です。

リバプール時代に、今では伝説の選手となったスティーブン・ジェラードに絶賛されるなどしてきました。

 

しかし、噛みつき行為で出場停止処分を受けたことがありました。

激情に流されやすいところがあるのかもしれません。

 

そんなスアレスは、世界最高のフットボーラーの一人であるリオネル・メッシと共存できた数少ない選手の一人です。

 

バルセロナで戦力外となったのち、アトレティコ・マドリードに移籍しました。

彼の加入はディエゴ・シメオネのチームに決定力をもたらし、ラ・リーガ20-21シーズン優勝に大きく貢献しました。

 

優勝決定直後、スマホをかざしながら泣いていたスアレス。家族にメッセージを送っていたのでしょう。売却対象になってしまいバルセロナを去った男の復活劇、そして男泣きにもらい泣きをした人は数知れないでしょう。

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/8187764999/8d1f6366ec/

関連記事

  1. 芸術、文化を大切にしたい
  2. 「電子の家計簿 マネーフォワードME」
  3. 「新型コロナウイルス感染症(COVID19)」という問題について…
  4. HSPについて
  5. 「ふつう」と「ダイバーシティ(多様性)」
  6. 炊事がルーティン化した母親の胸中
  7. 小説:『自分の道(6)』
  8. 糖質のとり過ぎに注意を
PAGE TOP