福祉・医療

障碍者支援員が分かっているのは、手帳を所持していることだけ

 

 障碍者手帳を所持していない時に、人からアドバイスされたことがありました。

 人間の適性を分かっていないためか、散々な結果に終わりました。

 

 障碍者手帳を取得してから、障碍者就業生活支援センターに登録しました。

 こちらにおいても色々なアドバイスを受けました。

 

 今回は障碍者手帳を取得していないときのアドバイス。手帳を取得してからの助言を比較していきます。

 ところで、障碍者手帳を提示すると、第三者にもファクトベースで障碍者だということが伝わります。

 

 手帳の所持の有無は意味をなさない

 障碍者手帳を「所持している」、「していない」ということは支援に影響はありません。強いてあげるとするならば、障碍者であることを理解していることくらいでしょうか。障碍者と分かっているから、無理強いを強いてこないことも異なるかなと思います。他については全くといっていいほど、変わっていないような気がします。

 

 考え方の同じ人による支援なので結果は変わらない

 手帳を持っていることは分かっていても、思考回路については変わることはありません。結果として、同じようなことが延々と繰り返されています。

 

 まとめ

 個人差はあるので一概にはいえないものの、支援員の助言はあくまで参考程度にとどめ、過度に期待しない方がよいでしょう。自分の人生は自分で築き上げていきましょう。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/16737997835/2776347f21/

 

関連記事

  1. 新薬には処方制限がある
  2. 介護業界を目指す方が最初に取得する資格
  3. 障碍者支援は生活管理を重点に相談してみよう
  4. 利用者一人一人と向きあえるように、定員をしぼる福祉事業所がある
  5. 事業所ごとの就職人数の掲載を義務化してほしい
  6. A型作業所、B型作業所の就職率と今後
  7. 奇抜な発想が役立つ職業もある
  8. 障碍者の働くうえでの苦悩

おすすめ記事

福祉作業所 ビルド

この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動その…

湘南コネクト

この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対し…

ひだまり

利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、保護並びにその更生に必要な指導及び…

コキア

・自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう,自己決定を尊重しながら,一人ひとりの能力に適…

就労定着支援を行っている就労移行事業所を利用しよう

 就労移行に通うのであれば、就職できる確率の高い事業所に通いたい。2017年時点にお…

新着記事

PAGE TOP