レジャー

西山朋佳女流三冠が奨励会を退会

 

西山朋佳女流三冠(元奨励会三段)は、奨励会を退会しました。今後は女流棋士としてやっていくことになります。

 

 奨励会の退会制限が迫っていた

 西山朋佳女流三冠は次回の三段リーグで26歳を迎えます。勝ち越さなければ、年齢制限による奨励会退会となっていました。

 

 次回の三段リーグ参加者は40人に迫る

 参加人数にかかわらず、四段に昇段できる人数は2人となっています。(次点2回で四段になる場合を除く)

 

 40人近くの奨励会員の中で、2位以内になるのは難しいという判断をしたのかもしれません。

 

 三段リーグにおいて女性で初めて次点を獲得

 三段リーグで14勝4敗の成績を収め、女流棋士として初の次点を獲得していました。女性初の四段に最も近づいた人といえます。

 

 女流棋士として初の棋聖戦の一次予選を突破し、二次予選の決勝まで進んだ

 棋聖戦の一次予選を突破するのは容易ではありません。それを達成できたことは純粋にすごいと思います。

 

 二次予選の決勝で屋敷九段に敗れたものの、多くの将棋ファンを感動させたのではないでしょうか。

 

 竜王戦に敗退したことで、次点2個による四段昇格が消滅

 西山朋佳女流三冠は竜王戦のベスト8で敗退しました。このことにより、次点2回による四段昇格は消滅していました。

 

 竜王戦に敗退した時点で、女流棋士としてやっていくと決めていたのかもしれません。竜王戦が終わる前までに、決断していた可能性もあります。 

 

 女流棋士としての道があるからこその決断かもしれない

 西山朋佳女流三冠は奨励会を退会しても、女流棋士としての道があります。男性の奨励会員とは立場が異なり、収入が絶たれるわけではありません。

 

 女流棋士として活躍することで、多くのタイトル戦に出場できます。四段になるよりも、そちらの方がメリットであると判断したのかもしれません。

 

 まとめ

 女流棋士は男性とは異なる道を進むことが許されます。恩恵を最大限に生かそうとしたといえるのではないでしょうか。

 

 奨励会を退会して新しい道を歩めるのは女性の特権です。それにあやかるのは何ら悪いことではありません。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fc4c8f64daa72cccd11bdecee1eef291d98b828

©将棋の西山朋佳三段=女流三冠=が棋士養成機関・奨励会を退会して女流棋士に転向(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/4931546614/905204a879/

関連記事

  1. 関取昇進の明暗を分ける番付半枚の差
  2. 白鵬、鶴竜が休場届を提出
  3. プロ野球ペナントレース優勝の行方は?(セリーグ編)
  4. 相撲で遅刻すると原則的に不戦敗となる
  5. 千代の国は幕下、十両、幕内で一場所ずつ優勝し、三場所連続優勝を成…
  6. 勝南桜が2021年3月場所で連敗記録を更新する可能性がある
  7. 大相撲の7月場所で白鵬が全勝優勝
  8. 将棋棋士になるには運も必要

おすすめ記事

障害者支援施設「はまなす園」

 利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立った障害福祉サービスの提供に努める。また、地域と…

指定就労継続支援B型事業所心のとも作業所

利用者様が自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう就労及び各種活動の機会を提供し、知識、能力…

青い麦の家

主として精神障碍者を対象に、作業訓練等を通して、生活を規則正しくし、自信と意欲をつけ、対人関係改善を…

ばべの森

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

三休

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供する。また、地域との結び…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP