レジャー

勝南桜が89連敗のワースト記録に並んだ(2021年3月24日)

 

 勝南桜が6番相撲に敗れ、自身の持っていたワースト記録の89連敗に並びました。7番相撲に敗れれば、ワースト記録更新となります。

 

 勝南桜について、書いていきます。

 

 丸々二年以上勝てていない

 人数の兼ね合いで8番相撲を取る力士がいるものの、原則は7番となっています。89連敗するためには、2年以上が必要となります。

 

 不戦勝による勝利もない

 相撲がどんなに弱かったとしても、不戦勝で勝ち名乗りをあげることもあります。連敗記録を作っているということは、一度も不戦勝になっていないことを示します。負け続けていると、勝ち運にも恵まれないのかもしれません。

 

 7番相撲は強い相手と当たる可能性がある

 前相撲落ちしないために、七番相撲だけ出場する力士がいます。元幕下筆頭の村田みたいな相手と対戦すると、片手で吹っ飛ばされるかもしれません。

 

 7番相撲において強い相手と対戦した場合、勝機はほとんどないといってよいでしょう。連敗記録更新となります。

 

 負け続けても出場する根性はすごい

 並の神経なら相撲をやめていると思います。恥をさらし続けても、土俵に上ろうとする精神力はすごいです。 

 

 まとめ

 彼の連敗記録はどこまで続くのでしょうか。連敗記録を止める相手は誰になるのでしょうか。そこに注目して、相撲を見ていきたいと思います。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/3651392198/edaaedb851/

 

関連記事

勝南桜が2021年3月場所で連敗記録を更新する可能性がある

関連記事

  1. Pリーガー紹介③
  2. 12月にしては異例の大雪
  3. コロナ自粛と経済のバランス
  4. コロナウイルスで障碍者解雇増加
  5. パラリンピックへの辛口批評
  6. 香川県がゲーム時間を制限する条例の制定を目指している
  7. 女性から男性に対するセクハラは報道されにくい
  8. 京阪電車のダイヤ改正後(2021年1月31日)

おすすめ記事

障がい者しごとサポートセンターみらいハッピー

1.利用者が生活能力向上のために必要な訓練を行い、社会との交流が図ることができるよう、身体及び精神の…

JSN門真

ステップ

『生きる意味って何ですか?』―皆さんも考えて見てください―

皆さんにとって…生きる意味って何ですか?死ぬ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP