就労

テレワークの運動不足を解消しよう

 

『テレワークの運動不足を解消しよう』

 

 テレワークでは運動不足になる

 テレワークを始めてから、運動不足になった人は多いと思います。今回はそのような方のために、散歩を始めてみましょうというテーマで書いていきたいと思います。

 

 テレワークだと自宅に引きこもりがちになりやすい

 テレワークを実施していると、外出の機会は減少傾向にあります。一日中、室内にこもりっきりという人もいるかもしれません。私はテレワークを始めてから、買い物以外では、外に出る機会は極端に減りました。

 

 外出しない生活は一日、二日ならいいけれど、一カ月、二カ月ともなると、頭がおかしくなってきます。精神状態を保てるよう、きっちりと歩く習慣をつけておきたいところです。

 

 外を歩くことでセロトニンを体内に取り入れることができる

 散歩をすることによって、体内にセロトニンを取り込みましょう。体内に十分なセロトニンを取り込まないと、ストレス障害、うつ、睡眠障害などをもたらします。日常生活に支障をきたすことになるので、太陽を浴びる習慣をつけましょう。

 

 散歩は実現可能なところから始めよう

 勉強をしてない人が一日に十時間の勉強をする目標を立てても、三日と経たないうちに挫折してしまいます。散歩もこれと同じで、目標を高くしすぎると、すぐに挫折することになってしまいます。一日に五分、一〇分の散歩から始めることによって、継続する確率を上げていきましょう。

 

 散歩のコースを変更することによって、新たな発見につながる可能性もあります。近場の色々なところを歩いてみるとよいでしょう。

 

 毎日が難しいという人は、二日に一日、三日に一日でOKです。実現可能であることを最優先にしましょう。

 

 散歩が難しいなら用事を作ろう

 漠然と散歩するだけではモチベーションを保てないという方もいらっしゃると思います。そういうケースにおいては、買い物に出かけるとよいでしょう。

 

 スーパーなどにいきたくない場合は、自販機でジュースを購入してもよいでしょう。外出をするための理由付けをすることで、散歩する機会を増やしていきます。

 

 通勤があるなら遠回りするのも有効

 通勤時に歩く機会を増やす方法もあります。余裕のある人は実践してみるとよいでしょう。テレワーク中は太陽に浴びる時間に、気を配っていきましょう。

 

 まとめ

 テレワークを始めてから、運動不足になった人も多いと思います。散歩をすることによって、セロトニンを取り入れましょう。

 

 頻度、時間の目標は個人で立てましょう。実現可能にすることで、散歩を習慣化することができます。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/photo4/tree-walk-mans-walking-shoes/

 

関連記事

  1. 上司の90パーセントは部下のやる気を下げる天才
  2. 仕事は頑張りすぎないことで長続きさせられる
  3. ストーカーで悩む人たち
  4. 私の父は電車の運転手をしていた
  5. A型作業所を社内に作る企業が増えつつある
  6. 仕事で一番「理不尽」を感じたこと
  7. 会社は上司ではなく金のために働く
  8. 仕事をできることに感謝したい

おすすめ記事

社会福祉法人常陸大宮市社会福祉協議会 指定相談支援事業所

季の風ふくべ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、通所により…

HelloHouseこがも

利用者本位のサービスを心掛け、生き生きとした生活が送れるように、充実した活動を提供します。また、基本…

自立生活センター宇部

多機能事業所 ユニラボ

事業者が運営する指定就労継続支援B型の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができる…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP