就労

障碍者支援機関に登録する際の注意点

 

 障碍者支援センターに登録しようと考える、障碍者は多いと思います。今回は登録する際の注意点について説明していきます。

 

・支援員は大半が健常者である

 障碍者支援に従事しているのは、大半が健常者といわれる人たちです。

 

 健常者に近い障碍者ならまだしも、一般社会に馴染めなかった発達障碍などは、話がかみ合うことはほとんどありません。「支援員が合わない、この人とはやっていけない、担当者を変えたい」という思いが強くなっていくことは充分に起こりえます。その場合については考えるようにしましょう。

 

 支援者と合わせるのが難しいのであれば、支援機関の登録を解除してもよいと思います。生活支援の恩恵だけを受けるという方法もあるかもしれません。

 

・支援員を選ぶことはできない

 自分で好きな支援員を選ぶことはできません。相性の悪い、やり方の異なる支援員に当たる可能性は否めません。

 

 支援員については選べる制度作りが必要かもしれません。そうすることによって、障碍者支援は前進するような気がします。

 

・支援員は固定されていない

 大きな支援機関では、担当者がちょくちょく変更されます。

 

 担当変更時の引継ぎはしているみたいですけど、発達障碍などの評価が変わりやすいタイプでは、真逆のことをいわれます。頭が混乱してしまい、自分の人生に支障をきたします。

 

 筆者は6年で4度も変更されていることから、支援者は頻繁に変わることもあります。

 

・支援機関の人は一カ月に一度くらいしか顔を合わせない

 一人で何十人も請け負っているからか、顔を合わせる頻度は少なくなります。十分な支援を受けられているかといわれると疑問符が付きます。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/photo4/bordeaux-pont-chaban-delmas-sur-la-garonne/

関連記事

  1. 自分の幸せすらわからない支援員が、他人を幸福にするのははなっから…
  2. 上司の90パーセントは部下のやる気を下げる天才
  3. 発達障碍の一部は雑学博士
  4. 車の免許だけは取ろう
  5. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…
  6. リーゼを減薬してみた
  7. 年収204万以上であった場合、就労定着支援も利用料がかかる
  8. 障碍者の多くは距離感を改善した方がいい

おすすめ記事

ワークスさつき

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援する法律並びに厚生労働省令、告示の趣旨及び内容に沿ったもの…

浦河向陽園

目的:社会福祉法人浦河向陽会が設置する浦河向陽園が行う、指定就労継続支     援B型の適正な運営を…

わかたけ作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

清流学園

雇用が困難となった者等に対し、生産活動その他の活動の機会の提供、就労に必要な知識及び能力の向上のため…

すてっぷ

関係法令を遵守し、利用者との相談を通じて生活面の課題を把握するとともに、企業、障害福祉サービス事業者…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP