健康

痴漢を依存症と見立てて、治療するための病院がある

 

 アルコール、薬物依存症などに対する病院はあるものの、痴漢依存症を治療するところは多くない。

 

 痴漢は女性の心を深く傷つけるため、アルコール、薬物依存症よりも罪は重い。被害者は一生をかけたとしても、心の傷を癒せないケースもある。

 

 痴漢に走るものの傾向として、自分本位な考え方をしているケースが多い。相手のことをきっちりと考えられる人間であれば、性欲を制御することを最初に頭に思い浮かべる。第三者に痴漢をするという結論には至らない。

 

 異常な支配欲に満ちている場合もある。誰かを洗脳したい、力でねじ伏せようとする思考を持っているものは、痴漢という形で鬱憤を晴らそうとする。ゆがんだ感情が性欲につながる。

 

 どちらのケースにしても異常者が性犯罪を起こしている。そのような人間が地上に生き続ける限り、性犯罪はなくならない。

 

 痴漢は犯人が人生を棒に振ることになる。どちらにとってもメリットがないので、この世からなくなることを願ってやまない。

 

 近年では痴漢治療を行っている病院もある。まっとうな道を生きたいというのであれば、通院してみてはいかがだろうか。解決の糸口をつかめるかもしれない。

 

*男の性欲については理解できるものの、痴漢は犯罪行為です。自分の人生を棒に振ることになるので、手を染めないようにしましょう。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/photo4/stethoscope-and-ballpen-on-prescription/

 

 

 

関連記事

  1. コロナウイルスが世界に広がりつつある
  2. 視覚障碍で事務職を目指す事業所がある
  3. 障碍者が一般会社で働く難しさ2
  4. 発達障碍は大人になってから気づくことが多い
  5. 就職率の高い就労移行支援事業所(B型作業所併設)の紹介
  6. 健康のために、「歯科検診」を受けよう
  7. 自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ
  8. 障碍者支援は生活管理を重点に相談してみよう
PAGE TOP