時事問題

冬至や夏至は固定されているわけではない。

 

 冬至の日にちは12月22日だと思っていました。それだけに、12月21日に冬至だと訊かされたときはびっくりしました。今年は一日だけ早いのかなと思いました。

 

 2016年も12月21日だったけど、まったくといっていいほど記憶にありません。冬至=12月22日という固定概念をもってしまっているからでしょう。

 

 冬至の日にちは二十四節気によって決められているため、固定というわけではありません。一年ごとに変化する性質を持っています。

 

 夏至についても来年は6月21日となります。例年は6月22日といわれているだけに、意外な印象を受けます。(wikiによると6月22日の方が珍しい)こちらについても、二十四節気の影響を受けています。

 

 他に二十四節気の影響を受けるイベント節分です。こちらについては節分ではなく、立春が影響を受けています。節分は立春の前日なので、立春の日が変化することによって日にちは変わります。2月3日に固定されるわけではないので、注意しましょう。

 

 冬至、夏至、節分などは同じ日が続くわけではありません。固定概念を持たないようにしましょう。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/photo4/frozen-winter-covered/

関連記事

  1. クレーマーが増えている(JAの早食い競争)
  2. 特別採用枠を求めて動き出した求職者
  3. 福祉施設の倒産が増えている
  4. ネパール料理の紹介 : 「ダルバート」を知っていますか?
  5. コロナウイルスで選抜中止
  6. 車の免許更新について
  7. 教師の採用方法を変えた方がいい
  8. 京阪電車における変則運用

おすすめ記事

視覚障碍者向けのB型作業所の紹介

   視覚障碍者向けのプログラムを組んでいる事業所は多くありません。知的障碍、発達障碍、精神障碍…

退職代行ってどうして人気なの?違法じゃないの?

昨今、「退職代行」と言う言葉をニュースでも良く耳にする事があると思います。「退職…

障害福祉サービス事業所 明幸学園 (地図不明)

当事業所は、利用者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。就…

Be-Challenge

利用者が自立した日常生活または社会生活が円滑にできるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供すると…

就労定着支援事業所 はばたき

この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対し…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP