時事問題

女性から男性に対するセクハラは報道されにくい

 

 男性から女性に対するセクハラは、テレビやインターネットでたびたび報道される。胸や下半身に故意に触れる事件は後を絶たない。

 女性から男性に対する、セクハラはほとんど報道されることはない。実際にはそれなりに起きているはずなのに、一面を飾るのは稀だ。

 男性に対するセクハラ報道が少ないのは、日本の中ではセクハラは男性から女性に対して行うものという定義が根強いからではなかろうか。男性もセクハラを受けるという意識が欠落している。

 男性であってもセクハラに遭わないとは限らない。年上の上司から、「キスをしよう」、「身体を触ってもいいよ」といわれた男性部下は相当数いると思われる。ほとんどが社内で取り上げられることなく、どこかに消えてしまっている。

 ドコモでは女性社員が男性社員に対して、下半身に手をつっこむというセクハラを犯した。女性社員は女性から男性に対する性的行為は、セクハラではないと思っていたのだろうか。そうだとするならば、頭の配線は狂ってしまっている。

 セクハラは女性から男性に対しても行われる。被害者男性がセクハラを主張できる時代が構築されていくといいな。

 

文章:陰と陽

画像提供元 https://foter.com/photo4/anti-sexual-harassment-anti-police-failures-demo-press-syndicate/

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. SNS上のデマに騙されてはいけない
  2. 藤井聡太7段の棋聖獲得はお預けとなった
  3. コロナウイルスで選抜中止
  4. 野菜が値下がりしている
  5. 熱戦が続いている、ラグビーとバレーボール
  6. マクドナルドがライスバーガーを発売する
  7. 倉庫暮らしを強いられる
  8. リンゴの一個当たりの価格が、一部の桃を上回る異常事態

おすすめ記事

指定障がい福祉サービス事業所JOYみゆき

障害者支援施設あゆみ園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性その他の事…

相談支援事業 やまびこ

社会就労センターワークスみのり

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことが出来るよう就労の機会を提供するとともに生産活動その…

格差を生み出す要因

   人生とは不平等なもの。平等といえるのは生まれてきた人間が、魂を天に返すことのみ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP