詩・ポエム

『行動と心は時に違う』―心には正直でありたい―

 

誰にでも死は突然訪れる。

 

友人と楽しんだ思い出も…

 

誰かに怒られた時も…

 

誰かを愛した時間も…

 

死んでしまえば何もかも残らない。

 

不思議なんだなぁ。

 

生きている瞬間には…

 

「死にたい」と思ってしまうこともある。

 

でも死んでからわかる事もある。

 

「生きていたかった」と…

 

それが人の「こころ」とゆうもの。

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 『時間が掛かった…』
  2. 『七色』
  3. 『黒い影』―恐怖に怯える日々が続くー
  4. 『パズル』
  5. 『素』
  6. 『緊張しない生き方』
  7. 『音のない世界』―音がある世界ってどんな感じ?―
  8. 『最高と思える人生へ』―自分が生きて行く人生を最高にしよう―
PAGE TOP