時事問題

NHKの受信料は2020年10月より値下げ

 

 NHKの受信料は2020年10月より値下げされます。下げ幅については現行のおおよそ2パーセント~3パーセント程度です(細かい金額はNHKのホームページで調べてみましょう)。大きくはないものの、視聴者にとってはありがたいといえるのではないでしょうか。

 

 2020年10月分以降を、2020年9月以前に支払っている場合、2020年10月以降に精算すると書かれています。返金される、翌年に持ち越しとなるなどといったことが想定されますので、NHKに確認するようにしましょう。

 

 昨年は消費税増税分を値上げしなかったので、実質的には二年連続の値下げといえるでしょう。段階的に下がっていき、現行の半額くらいになってくると、視聴者にとって恩恵は大きいといえるでしょう。

 

 テレビの値下げの動きは来年以降も加速していくのでしょうか。NHKの動向に注目していきたいと思います。NHKが独自に財源を確保できるようになって、受信料無料時代の到来を視聴者は心から待ち望んでいます。

 

*将来的に受信料はどうなっていくのでしょうか。 

 

 https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/ryougaku_about202010.html

 ©NHK受信料の窓口-2020年10月から受信料を値下げします

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. コロナウイルス感染で志村けんさんが亡くなった
  2. 少ないマスクを購入するために開店前から並ぶ
  3. 罰則付きの外出制限
  4. 特定給付金詐欺に気をつけよう
  5. 「新型コロナウイルス感染症(COVID19)」という問題について…
  6.  日本女子プロ野球リーグについて
  7. 落ちても這い上がればいい【大相撲編】
  8. オリンピックの一部競技の開催場所が変更される

おすすめ記事

指定就労継続支援A型事業所あいる

就労創造センターせふぃろと

落ちても這い上がればいい【大相撲編】

 一度の挫折でクヨクヨしてはいけない。そのように思わされた出来事がある。 照ノ富…

障がい者就労支援センターめーでる

仕事をしたいがどのように見つけたらよいのかわからない、リストラされた、仕事に就く前に課題をクリアした…

指定相談支援事業所 ひかり

利用やが自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、当該利用者の心身の状況、そのおかれている…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP