福祉・医療

障碍者種別を限定することによる当事者へのメリット、デメリット

 

 障碍者の福祉事業所では全ての種別の障碍者を受け入れる事業所が多数派を占めます。どのような障碍であったとしても、差別しないという姿勢なのかもしれません。

 

 多くの事業所では全ての障碍者を受け入れる一方で、精神障碍、発達障碍、知的障碍、盲聾、身体障碍だけを対象とするといった具合に、障碍者を限定している事業所もあります。

 

 今回は障碍者の種類を絞ることによるメリット、デメリットを下記に記していきたいと思います。

 

 メリット

・一貫したプログラムを受けやすいので、成長しやすくなる。

・障碍者の中における少数派であっても、利用しやすい環境づくりになる。

・仲間意識を高めることにつながる。

 

 デメリット

・対象となっていない障碍者は利用できないため、選択肢が減ることとなる。

・障碍で区別されることによって、差別を助長するリスクが懸念される。

 

 メリット、デメリットはあるものの、個人的には種別を絞ったほうが良いかなと思います。障碍には色々あり、ひとくくりにするのは無理があるからです。発達障碍のプログラムで知的障碍者を指導したとしても、良い成果を上げられるとは思いません。

 

 現在では障碍者を絞っているところは少数派ですけど、一〇年後、二〇年後には障碍者の種類を絞る事業所が増えていくことを切に祈ります。このような社会になっていけば、障碍者の活躍の場も増えるのではないでしょうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. パワハラまがいの支援員を職場から消す方法
  2. 非公開求人(障碍者枠)について
  3. ちくま新書の「【シリーズ】ケアを考える」
  4. 障碍をプラス、マイナスに取りやすいパターン
  5. 車椅子の使い方
  6. B型作業所の工賃の差はあり、なし?
  7. 障碍者にとって一般枠、障害者枠のどちらであっても厳しい
  8. マシンガントークの傾向がある人

おすすめ記事

ワークサポート青山 

利用者の意向、適性、障害の特性その他の事情を踏まえて就労継続支援A型計画を作成し、これに基づき利用者…

愛厚希全の里 

★基本理念:「笑いと笑顔共に向上」 【笑いと笑顔】は幸せで楽しい生活 【向上】は質の向上、専門性の向…

八王子福祉作業所

1)利用者一人ひとりの障害程度・特性、生活歴を考慮した支援プログラムを提供します。 2)利用者一人ひ…

社会福祉法人秋田いなほ福祉会 いなほ作業所

指定就労継続支援B型サービスと生活介護サービスを一体的に提供する多機能型事業所として、利用者が自立し…

障がい福祉サービス事業所 みどり園

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が…

新着記事

PAGE TOP