福祉・医療

長崎五島の名産となっている「なんや餅」を販売するB型作業所の紹介

 

 「なんや餅」の製造及び販売を行っている、B型作業所を紹介したいと思います。

 

「なんや餅」を知らない方のために、簡単に説明させていただきます。「なんや餅」は大阪の「浪速」に由来するようです。元々は「浪速餅」と呼ばれていたものの、歴史の流れとともに、「なんや餅」となったようです。長崎五島の名産物の一つに含まれています。

 

 事業所のホームページでは、上用粉(米粉)を原料とした餅で、独自の製法で練り上げたこしあんを包んだ生菓子となっています。口の中で解けるような、新鮮でさっぱりとした食感と甘みが特徴のようです。

 

 五島で名産となっている「なんや餅」の製造、販売に携わってみたい方は事業所を見学してみてはいかがでしょうか。地元の名産品に触れることにより、愛着は増すと思われます。

 

*「なんや餅」を食べてみたいと思った方は、インターネットで取り寄せてみましょう。新しい味と出会うことで、世界観を広げられると思います。

 

「なんや餅」を発売している事業所及び、ホームページを下記に記します。

障害者就労継続支援事業所B型 ほっとホーム富希

 

ホームページ

https://www.nanyamochi.com/pages/806542/page_201701190914

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者施設は、能力の低い利用者を優遇するシステムを採用
  2. 都道府県で処方してもよい薬の量が異なる
  3. 発達障碍は精神障碍2級の要素が強いように思う
  4. 介護業界を目指す方が最初に取得する資格
  5. 障碍者が一般会社で働く難しさ4
  6. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか
  7. 「季節性インフルエンザ」は、インフルエンザワクチン接種しても罹る…
  8. 西武が本拠地開催の試合で障碍者割引を行う(当日限定)

おすすめ記事

障がい福祉サービス事業所 あいねっと

風の森

施設の運営方針 ①法人の設立理念にたって、施設で支援(サービス)を受ける障害者(利用者)一人一人の成…

クラシック人気作曲家②

皆様こんにちは!桐谷 凛花(きりたに りんか)です。前回から…

スカイ

個々の障がいをさまざまな支援でおひとりおひとり丁寧にサポートいたします…

愛の家「工房みさき」

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP