福祉・医療

メンタルヘルスを対象とした事業所の紹介(沖縄県)

 

 沖縄の浦添市にある事業所について紹介していきます。

 

 今回取り上げるのは、メンタルヘルスに特化した事業所となります。通所の対象者は「対人関係でよく悩むことがある」、「空気が読めないといわれる」、「相手の感情を理解できない」、「自分を上手く表現できない」といった精神疾患を抱えた方です。具体例を挙げると、うつ病、不安障碍、気分障碍、双極性障碍Ⅱ型、適応障碍となります。

 

 事業所では3つ支援を行っています。下記に一つずつ簡潔に記します。

 

・復職サポート

 沖縄県で唯一のリワーク支援を行う民間企業となっています。(ホームページより)他の企業では受けられないサポートを受けられるのではないでしょうか。

 

・再就職支援

 就業感覚を身につけるための職業トレーニングに力を入れ、ジョブトレーニングとトライアル雇用を併せた独自のサポートを行っています。

 

・企業官公庁向けメンタルヘルス支援

 職場におけるメンタルヘルスのサポートを行っています。

 

 精神疾患であっても社会復帰したい方は通所を検討してみてはいかがでしょうか。

 

・事業所名およびホームページを下記に記します。

 事業所名 Bowl  Job

 ホームページ

 https://tidajob.net/jigyosholist/bowl-job/

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 交通費を支給される就労移行事業所もある
  2. 薬の服薬、サプリメントの摂取はなるべく避けよう(実話含む)
  3. 障碍者の恋愛事情
  4. 障碍者の法定雇用率は引き上げられるかもしれない
  5. 成功するのに必要なのは才能よりもストイックさ
  6. 養鶏を行っているB型作業所についての紹介
  7. 障碍者が働く(就職活動をする)ときに気をつけるポイント2
  8. 誰にも長所はある【障碍者編】

おすすめ記事

就労支援センターSnowdrop・Clover

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

相談支援センター みづま

・利用者及び保護者の意思及び人格を尊重し、利用者等の立場に立った適切な地域相談支援の提供を確保する。…

passo

1 事業所は,障がい者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする…

LaLa−chocolat TAKATSUKI

自立生活支援センターポカポカティ

障がい者基幹相談支援センターを障がい者の権利擁護エンパワメント支援として捉え、誰もが安心して地域で暮…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP