福祉・医療

自治体によっては、アルバイトをしながら就労移行(B型作業所)を利用できる

 

 就労移行を利用している期間は原則として無収入となります。(一部では訓練費を支給される事業所もある)

 

 就労移行を利用していたとしても、お金はあったほうがよいです。金銭的な事情で、アルバイトをどうしてもしたいのであれば、自治体にかけあってみてはいかがでしょうか。許可される確率は低いものの、アルバイトをしてもよいという判定を下されることもあります。(アルバイトの時間を指定された場合は守るようにしましょう)

 

 市町村から許可された場合、就労移行支援事業所にも忘れずに相談しましょう。一人で勝手に動いてしまうと、後々のトラブルにつながってしまいます。

 

 就労移行支援事業所を利用しているからといって、アルバイトは全面的に禁止されているわけではないことを頭にとどめておきましょう。従来の固定概念にとらわれてしまうと、大事なことを見失うことにつながりかねません。

 

 B型を利用しながら、アルバイトをするのを許可されているケースもあるのを見つけました(こちらも市町村の許可を必要とする)。B型だけでお金はたりないので、併用するのはありかもしれません。

 

*事業所、市町村によるので、許可されないことが多いことを頭にとどめておきましょう。(厚生労働省の文章からすると問題ないという趣旨のようです)

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. インターネットでおすすめされている就労移行支援事業所
  2. きっちりとした教育を行わないと、レベルの低い人間が増えていく
  3. 視覚障碍者向けのB型作業所の紹介
  4. B型作業所に通う場合の注意点
  5. 同じ薬を複数の病院から処方されることで新しい発見がある
  6. 障碍者として生まれたために失ったもの
  7. 障碍者枠で就労した後の体制を考える
  8. 障碍の「し」の字すらわからないサービス管理責任者の作成する支援計…

おすすめ記事

大阪の球児は秋の大会が事実上のラストチャンス

 夏の高校野球の大阪大会は原則として一校のみの出場となります。 近年は大阪桐蔭、…

学び舎

当事業所は、利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、障害者の日常生活及び社会生活…

そお地区障がい者等基幹相談支援センター

1 事業所は、利用者等が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、…

指定障害福祉サービス事業所 あらいぐま

利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って指定就労継続支援(B型)を提供するよう努める。…

ワークショップ風

事業の目的:障害者自立支援法の理念に基づき適切な運営を図る 運営方針:関係法令を遵守し、他の社会資源…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP