福祉・医療

自治体によっては、アルバイトをしながら就労移行(B型作業所)を利用できる

 

 就労移行を利用している期間は原則として無収入となります。(一部では訓練費を支給される事業所もある)

 

 就労移行を利用していたとしても、お金はあったほうがよいです。金銭的な事情で、アルバイトをどうしてもしたいのであれば、自治体にかけあってみてはいかがでしょうか。許可される確率は低いものの、アルバイトをしてもよいという判定を下されることもあります。(アルバイトの時間を指定された場合は守るようにしましょう)

 

 市町村から許可された場合、就労移行支援事業所にも忘れずに相談しましょう。一人で勝手に動いてしまうと、後々のトラブルにつながってしまいます。

 

 就労移行支援事業所を利用しているからといって、アルバイトは全面的に禁止されているわけではないことを頭にとどめておきましょう。従来の固定概念にとらわれてしまうと、大事なことを見失うことにつながりかねません。

 

 B型を利用しながら、アルバイトをするのを許可されているケースもあるのを見つけました(こちらも市町村の許可を必要とする)。B型だけでお金はたりないので、併用するのはありかもしれません。

 

*事業所、市町村によるので、許可されないことが多いことを頭にとどめておきましょう。(厚生労働省の文章からすると問題ないという趣旨のようです)

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者はいじめに遭いやすい
  2. 厚生年金の加入拡大
  3. 障碍者枠で働いている人に対する一般人の評価
  4. 榊原哲也『医療ケアを問いなおす-患者をトータルに見ることの現象学…
  5. ショートショート『天才を採用した末路』
  6. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  7. 長崎五島の名産となっている「なんや餅」を販売するB型作業所の紹介…
  8. 障碍者雇用の基礎

おすすめ記事

健常者と障碍者はlose-loseの関係になりやすい

 人間の関係はwin-winであるのがベスト。ただ、健常者、障碍者間はそのようになら…

合同会社ライフサポート

事業所は利用者と雇用契約を締結し、障害者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うもの…

相談支援センターくぬぎ

ワークサポート白鳥の家

1.利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適正、障害の特性その他…

風舎

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP