福祉・医療

障碍者だからといって人生を諦めないようにしたい

 

 障碍者だからと人生を諦めている人はいませんか。障碍者だとしても社会的な実績を残すことは十分に可能です。才能によっては健常者よりも、優れたものを残している方も大勢います。

 芸能人のジミー大西さんをあげます。彼はテレビでボケていると思えるくらい、知力は劣っています。小学生と勝負したとしても、敗北するのではないでしょうか。

 知的障碍者かなと思わせる程度の知力しかない男は、ずば抜けた絵の才能を持っています。海外で数百万円の値がついたといわれており、才能に長けていたといえるでしょう。

 wikiによると異常な嗅覚を持っているようです。たくさん並べられたスリッパの中から、女性アナウンサーの履いたスリッパを当てる勝負で、警察犬に勝利を収めたようです。人間が犬に勝つのは容易ではありません。

 アフリカでは広大な平原を徘徊しているアフリカゾウを、匂いで嗅ぎつけたというエピソードも残っています。人間を超えた嗅覚を有しているといえるでしょう。

 障碍者は出会いなどによって、才能を開花させることも可能です。人に合わせない生き方をしてみると面白いかもしれません。

*健常者のやり方では生きられないタイプは、才能を一定以上持っているといえるのではないでしょうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. よさそうだけどよくないもの
  2. 障碍者が働く(就職活動をする)ときに気をつけるポイント2
  3. 依存症への精神科医の拒否感は強い
  4. 障碍者事業所の説明文を読んだ感想
  5. パソコンで写真の編集を行うB型作業所の紹介
  6. 痴漢を依存症と見立てて、治療するための病院がある
  7. 障碍者は社会で居場所がない
  8. 障碍者が一般会社で働く難しさ6
PAGE TOP