福祉・医療

就労定着支援を行っている就労移行事業所を利用しよう

 

 就労移行に通うのであれば、就職できる確率の高い事業所に通いたい。2017年時点において、30%近くの就労移行は一人も就職させることなく、利用者を食い物にしている実態がある。当事者としては信じたくないだろうけど、現実として受け止めておこう。

 

補助金を騙し取るためだけに運営している事業所に引っかかって、2年間を棒に振らないためにも、通所する福祉施設はきっちりと選びたいところ。大切な時間を失ったとしても、誰も補填、補償をしてくれるわけではない。自分の人生を守れるのは自分だけである。

 

 就労移行支援をきっちりと取り組んでいるのかを知るパラメーターとして、就労定着支援を行っているのかは目安になる。就職のことを見越した支援を行っている証となるからだ。就職者を出さないのであれば定着支援自体そのものも不要なため、ホームページに掲載する必要は皆無だ。

 

 更に踏み込むならば、事業所に就職率を直接聞いてみてはいかがだろうか。実績の高い事業所なら答えてくれるだろうし、そうでない場合は口を固く閉じる。反応によって、きっちりとしているところなのかを判別できる。

 

 10代、20代で就労移行を利用する当事者にとって、事業所選びは非常に大切な要素となる。人生を左右するかもしれないため、慎重に選択していきたいところ。たった一度のミスで、自分の人生を棒に振るようなことはあってはならない。

 

*いい事業所はたくさんの利用者をいいところに送り込んでいます。人生の分岐点になる確率も高いため、慎重を期してもよいでしょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 作業療法士について(福祉の資格)
  2. 障碍者福祉における支援者側の課題
  3. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  4. 障碍者が一般会社で働く難しさ3
  5. 障碍者の生涯工賃と比べてみた
  6. 健常者と障碍者はlose-loseの関係になりやすい
  7. 発達障碍に向く仕事、向かない仕事
  8. 障碍者は社会で居場所がない

おすすめ記事

Q−ACT北九州

精神疾患に罹患した当事者やその家族のリカバリー(人生の回復)に必要なサービスを、ストレングスモデルに…

ワークサポートみらいず

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

スカイ・アンドロメダ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

グリッターサービス尼崎事業所

利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、通所により就労の機会を提供するとともに、…

さをり工房ながさき

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP