福祉・医療

障碍者の生涯工賃と比べてみた

 

 障碍者の生涯工賃は、一般会社に努めている健常者の1年分の収入にも満たない。信じられないかもしれないけど、一部では起こっている事実である。

 

 利用者がB型作業書に通所しているとする。1ヶ月の平均工賃は15000円前後といわれているので、1年で18万円前後しかもらっていないことになる。最低時給を保証していないとはいえ、あまりにも寂しい数値ではなかろうか。

 

 B型作業書に30年間通所していたと仮定する。平均額の工賃であった場合、総額は540万となる。健常者は年収で600~700万円もらっている社会人も少なくないことから、生涯工賃は上記の社会人の一年分の年収にも満たないということになる。

 

 平均の工賃をもらっていればまだましといえる。平均の半分以下という利用者も少なくない。B型作業書の最低工賃は3000円と定められているので、最低工賃であった場合は年間に36000円しかもらっていないということになる。最低工賃の利用者は30年近く通って、ようやく100万円に届く計算になる。A型作業所の一年分と同じくらいの給料とほぼ同額だ。

 

 知的障碍、重度の身体障碍などでB型作業所にしか通えない、利用者の待遇の改善を願ってやまない。障碍を抱えているだけで、不利益を被るような社会構造が変わるといいな。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 知的障碍者の行動
  2. 空気を読むのと他人の感情を理解するのは別問題【障碍者編】
  3. 障碍者が一般会社で働く難しさ5
  4. 障碍者枠で働いている人に対する一般人の評価
  5. 仕事のヒントになるサイト
  6. 一般人は見た目ほどいい人生を送っていない
  7. A型作業所は手帳を取得していなくとも利用できる
  8. 一般人は社会を維持する適正はあっても、開発などには向かない

おすすめ記事

障害福祉サービス事業所 しろはと工房

えさしふれあい工房

・ご利用者の基本的人権と人格の尊重を基本理念とし、ご利用者個々のニーズに即したきめ細やかな支援を行う…

就労継続支援B型事業所 あさひ苑

障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供を効果的に行う。利用者の必要な時にサービスの提供が出来るよう…

就労継続支援事業所かけはし

事業所は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、個別支援計画を作成し、これに基づ…

東区第1障がい者基幹相談支援センター

利用者がその意向、適性、障害特性その他の状況及びおかれている環境に応じて、地域において自立した日常生…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP