福祉・医療

支援機関は一部の障碍者の人間性を否定する場所

 

 支援機関は発達障碍、知的障碍、ADHDといった障碍者の人生観を否定するための場所なのかもしれない。

 

 障碍者、健常者では根本的に思考回路、やり方などが異なる。障碍者にとっての正解は支援者にとっての不正解、障碍者にとっての不正解は支援者にとって正解となるケースは珍しくない。見た目は同じ人間だとしても、生き方については全く違うものとなっている。

 

 支援者は自分の都合のいい生き方を利用者に押し付けようとする。健常者として生きているのなら正しいかもしれないけど、当事者としては脳を破壊されていると考えることもある。

 

 障碍者として意見しようにも、民主主義の原則である多数決によって意見を退けらえる。当事者は多数派の生き方を強いられることになる。 

 

 発達障碍、知的障碍、ADHDなどに虐待を加えながら、自分の生活を成り立たせる。支援機関で働いている職員の大半は、人間として終わっている。当事者としてそのように感じた人は少なくないのではなかろうか。

 

*障碍者のための場所なのに、どうして健常者の価値観を押し付けられるのでしょうか。障碍者ファーストを掲げるなら、支援者が身を削るべきだと思います。

 

*障碍者は支援者と一緒になるのではなく、全部切っていった方が自分のためになるかもしれません。支援機関に誰も登録しなくなれば。考え方を改めるようになっていくでしょう。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者の恋愛事情
  2. デイケアのプログラムについて【障碍者編】
  3. 健常者は障碍者にベターを目指せといいながら、やっていることは全く…
  4. 社会は多数派のためにある
  5. 障碍者が一般会社で働く難しさ6
  6. 障碍について【先天性と後天性の違い】
  7. 障碍者は常に理不尽を強いられる
  8. バリアフリー法の改正(今後の課題)

おすすめ記事

下段きのこセンターA型

1 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者を雇用し就労の機会を提供すると…

いんくる

「Good Job&Good Partner」をスローガンに働く意欲がありながらも、一般就労に結びつ…

ワンステップぼちぼち

障害者総合支援法等関係法令の理念に則り、利用者の自立と社会経済活動への参加を促進するために、通所によ…

ソイル

利用者と雇用契約を締結し、利用者に対し就労の機会とその他の便宜を適切かつ効果的に行う。利用者の必要な…

就労継続支援事業所いなほの郷

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つ、きめ細かな指定就労継続支援のサービスの提供を…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP