福祉・医療

支援機関は一部の障碍者の人間性を否定する場所

 

 支援機関は発達障碍、知的障碍、ADHDといった障碍者の人生観を否定するための場所なのかもしれない。

 

 障碍者、健常者では根本的に思考回路、やり方などが異なる。障碍者にとっての正解は支援者にとっての不正解、障碍者にとっての不正解は支援者にとって正解となるケースは珍しくない。見た目は同じ人間だとしても、生き方については全く違うものとなっている。

 

 支援者は自分の都合のいい生き方を利用者に押し付けようとする。健常者として生きているのなら正しいかもしれないけど、当事者としては脳を破壊されていると考えることもある。

 

 障碍者として意見しようにも、民主主義の原則である多数決によって意見を退けらえる。当事者は多数派の生き方を強いられることになる。 

 

 発達障碍、知的障碍、ADHDなどに虐待を加えながら、自分の生活を成り立たせる。支援機関で働いている職員の大半は、人間として終わっている。当事者としてそのように感じた人は少なくないのではなかろうか。

 

*障碍者のための場所なのに、どうして健常者の価値観を押し付けられるのでしょうか。障碍者ファーストを掲げるなら、支援者が身を削るべきだと思います。

 

*障碍者は支援者と一緒になるのではなく、全部切っていった方が自分のためになるかもしれません。支援機関に誰も登録しなくなれば。考え方を改めるようになっていくでしょう。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者が仕事をする際に気をつけたい7つのポイント
  2. 精神安定剤は薬によって処方してもよい日数が異なる
  3. 支援の充実している就労移行支援事業所の紹介
  4. 病院の待ち時間について
  5. 精神安定剤って、効いているのかな?
  6. 鍼治療を受けてみた感想
  7. A型作業所においては、まじめに仕事すると損をする
  8. 障碍者の生涯工賃と比べてみた

おすすめ記事

障碍の種類を絞って支援する事業所もある

 障碍者施設では身体、知的、精神の三つの障碍も受け入れている事業所が多数を占める。障…

支援センターさくら

地域との結びつきを重視し、市町村、他の障害福祉サービス事業者、相談支援事業所、障害支援施設、その他福…

ライフステーション+

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて…

サンサンいわた 

夢実現カンパニー江戸川

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、障害者総合支援法自立支援法施行規則第六…

新着記事

PAGE TOP