福祉・医療

B型作業所でeスポーツのプロでお金を稼ごうというものがあった

 

 B型作業所にて、eスポーツのプロとしてお金を稼ぐというものがあった。軽作業、パソコンなどをするのではなく、ゲームでお金を稼ごうという大胆な発想に度肝を抜かれた。

 

 筆者はパワプロしか知らないため、そちらを取り上げることにします。パワプロではオンラインでプロ候補を決めます。候補となったプレイヤーは、球団から選ばれるとプロ選手となります。(前年に優秀な成績を残したプレイヤーは予選免除でプロになれる)

 

 パワプロでは報酬が細かく定められています。ペナント、クライマックス、日本シリーズ出場などによってお金を得られます。

 

 日本一になると、優勝チームのプレイヤーは一人当たり350万の報酬を受け取れます。他にも報酬を受け取れるので、合計で400万円以上になります。月収30万未満という社会人も少なくないため、金額としてはかなりといえるでしょう。他の大会にも参加できるため、ゲームだけで生計を立てるのは不可能とはいえません。

 

 B型作業所からプロになれるような人材は現れるのか。個人として注目していきたいです。

 

*ゲーム好きからすれば、好きなことをやってお金をもらえるのは最高ではないでしょうか。天才的なプレイヤーは検討してみてもいいかもしれません。

 

*個人でできなくもないので、通所してまでやる価値はあるのかなと思います。B型は副業不可なため、プロ契約した時点で卒業となることを頭にとどめておきましょう。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. メンタルヘルスの本の出版に携わるA型作業所
  2. 就労移行を利用したほうがよい障碍者
  3. 成人してから、発達障碍の診断を受けるということ
  4. 発達障碍は適性がはっきりしている
  5. e-ラーニングで障碍者向けのプログラムを学べる
  6. バリアフリー法の改正(今後の課題)
  7. 健康のために、「歯科検診」を受けよう
  8. 自分にあったデイケアを見つけよう
PAGE TOP