福祉・医療

障碍を持っていると正しいはずの答えが間違いとなることも少なくない

 

障碍者手帳を取得した障碍者は、本来なら正しいはずのアドバイスで奈落の底に叩き落されていきます。

 

筆者の過去

 

 筆者でたとえてみます。田舎に福祉施設があったことから、他のところで介護職の経験を積んだあとに、田舎に戻るというのを進められました。地方は仕事も少なく、職種の選択も難しいことから妥当な判断といえます。

 

 地方の福祉施設は介護職にしては非常に待遇はよく、理事長をしていた祖父の話によると、多い人は年収で640万くらい(月収40万、賞与4か月)になるみたいです。(退職金もあり)夜勤はあるとはいっても、全国的に見ても破格な条件といえるのではないでしょうか。

 

 世間的にはしっくりとくるやり方なのですが、発達障碍を発症していた筆者を地獄に叩き落していきます。発達障碍は二つのことを同時並行できないため、介護といった適切な状況判断を要求されることを非常に不得手とします。

 

 車の運転についても向いていません。地方ならまだしも、都市部では事故を引き起こしかねないリスクを負うことになります。死亡事故に繋がれば、自分、相手方の人生を潰すことになりかねません。

 

 完全に不向きだった職業ゆえに、短期間で解雇されることになりました。当時は理由もわかっていませんでしたけど、現在となっては完全なる誤りであったことに気づかされました。適性0パーセントの職業についたことは不運としかいえません。不注意による介護者の事故死、車による事故を避けられたことはせめてもの救いといえるでしょう。

 

健常者と障碍者の違い

 

 健常者は浅く広くを唱えますけど、発達障碍者からすると地獄のような提案です。一般で一度失敗しているにもかかわらず、そのようなことをいえるのは障碍者のことをきっちりと理解していないからでしょう。発達障碍者の能力如何もありますけど、深く狭くを追求することで当事者の負担は軽くなります。

 

 できないことをできるようになるといった類も当事者からすれば、かなり厳しいといえます。できるのなら最初からやっているだけの話です。そのことを度外視するような支援員なら、相手にする必要はありません。

 

 他のことについても多くが該当します。就労移行支援事業の担当者は一般就労するために必要なことをいっているのでしょうけど、当事者からすれば悪夢さながらの状態です。(個人差あり)障碍者の一般就労は不可能に近いのかなと思わされました。

 

 健常者と障碍者は噛み合わない、そのように割り切って生きていきましょう。健常者と異なる生き方をすることで、地位、名誉を得られるかもしれません。 

 

*健常者、障碍者は噛み合わないものです。距離を縮めようとすること自体、間違いなのかもしれません。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 身体障碍者は、無人駅とどう向き合っていくのか
  2. ショートショート『障碍者の闇』
  3. 作業療法士について(福祉の資格)
  4. 地域相談支援で唯一役立つこと
  5. 精神安定剤はアルコール、ニコチン中毒と同じで依存しやすい
  6. 障碍者支援で思うこと
  7. 自分と真摯に向き合おう
  8. 障碍者が職場で就職(定着)するためには

おすすめ記事

授産施設Green bird

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

富士見福祉作業所

1.「地域性」を重視し、障害がある方が住み慣れた地域で心地よく生活できるよう、様々な社会資源と連携を…

雑学よりも人のためになることを学ぼう

 トリビア(知識量)は学習すればするほど増えていく。受験勉強をするときに、毎日(一日…

ディーキャリア金沢オフィス

株式会社だんだん工房

新着記事

PAGE TOP