福祉・医療

障碍者の一部は交流会の参加、交友作りに消極的

 

 健常者からすれば障碍者は自己中心的に見えることは少なくないでしょう。マイペース、話を合わせようとしない、輪に入ろうとしないと数えたらキリはないと思います。

 

 特定の話のみになるのは、頭の切り替えをできないからといえます。脳の特性上なのか、同じことをずっと考え続けてしまうのです。

 

 障碍者側からいわせてもらうと、輪に入ろうとしないのは上手く会話をできないからです。障碍者は3人以上の場になると、話をうまく切り出すことができません。2人で話すので限界なのです。

 

 大衆に馴染めないタイプが、飲み会に参加したとしても孤独感にさいなまれるだけです。参加費はきっちりと回収されるので、お金と時間をどぶにするようなものといえるでしょう。

 

 交流会に参加しても、一人ぼっちにされることも充分にあり得ます。周囲から弾かれるとわかっていながら、その場にいたいと思う人間などいないでしょう。ああいう場所は多数派が少数派に「あんたは仲間がいないんだよ」とメッセージを送る場所になりえます。

 

 健常者として生きてきた人間には決してわからないだろうけど、障碍者にも他人と親しくなりたい願望はあります。生きていく過程で友達を作りたくとも、作れないことを長年の経験で頭に叩き込ませていくから、他人を距離を取るようになります。幼少期に友達を沢山作れるなら、そのような行動には出ないと思います。

 

 障碍者が健常者と親しくなれたとしても、時間の経過と共にほとんどは離散していきます。胸中に残るのは、孤独感だけです。みんなは他の人と仲良くなれるのに、どうして自分はなれないのかを考える日々が続きます。

 

 最終的に友達はいらない、無人島で生活したいという答えに行きつくこともあります。健常者と親しくできなかったことによって、こういう考え方に行きついたのでしょう。輪に入れない生活を続けていれば、こうなる人も一定数出るのは避けられません。

 

 自己中心的なので友達は作りにくいですけど、低確率でものすごく親しくなれる人もいます。筆者も友達の数はほとんどゼロでしたけど、稀に個性を気にいる人もいました。元々多くの人間と親しくできるわけではないので、それでいいのかな思うこともあります。

 

*共有を求められる日本では評価される機会はほとんどないでしょう。それゆえ、90パーセント以上の人間は不要という考え方に行きつきます。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 介護業界を目指す方が最初に取得する資格
  2. エジソンの言葉を障碍者支援に当てはめる
  3. 障碍者雇用の基礎
  4. 障碍者施設における利用者との接し方
  5. 格差を生み出す要因
  6. ハローワークに配置されたサポーターの是非
  7. 精神疾患だと免許が更新されない場合がある
  8. 支援者から虐待されていると思う利用者は多い

おすすめ記事

ヒマワリホーム

利用者の有する意思及び能力に応じて、就労の場を提供し、生産活動を通じて知識及び能力の向上を目指し、自…

LITALICOワークス大阪梅田

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

新上五島相談支援事業所

障害者が自立し、安全安心して暮らせる生活の実現を目指すとともに、地域社会との共存に寄与する。…

いたの共同作業所あせび

1.事業所は、利用者が自立した日常生活や社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、就労の機会を…

あそかの園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP