福祉・医療

発達障碍者に読んでほしいサイト

 

 日本社会では同調意識を強く求めるため、障碍者には非常に生きづらい世の中となっています。

わかりやすくたとえると、地獄のような社会といえるでしょうか。

 

 障碍者を援助するための専門援助部門が設置されています。就労支援、生活支援をする職員も配置されるようになりました。

 

 当事者として感じたのは支援者は健常者側の人間であることです。発達障碍者のことを何もわかっていないため、きっちりとした助言をすることはできません。当事者としては、人生を破滅させようとしているふうにすら感じることもあるくらいです。

 

 今回は支援者は置物、自分のためになってくれないと考えている障碍者たちに一つのサイトを紹介したいと思います。

 

 サイトにはギリギリ障碍者として生きてきた体験談をリアルに記されています。簡単なことをミスして上司に怒られる、場の空気に合わせられないといった発達障碍者に当てはまることがらについて記されています。 

 

 サイトで職種は徹底的に絞りなさいと書かれています。障碍者全員に当てはまるとは思いませんけど、非常に重要な要素になりえます。

 

 他にもいろいろと書かれているので、時間のある方は覗いてみましょう。支援員の指導どおりでは活路を開けないことを、理解するきっかけになればと思います。

 

https://white-reisai.com/?p=68855

©自分に合わない仕事をしているギリギリ健常者(ギリ健)はつらい

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 精神安定剤って、効いているのかな?
  2. 空気を読むのと他人の感情を理解するのは別問題【障碍者編】
  3. E型肝炎ウイルス(HEV)は死ぬ事もある怖い病原体
  4. 人間の苦しさの大半は自業自得
  5. カード式の障碍者手帳もある
  6. 格差を生み出す要因
  7. 高次脳機能障碍者向けの就労移行支援事業所
  8. 短編小説 : 『縮まらない距離』

おすすめ記事

ぷちりーべ

関係法令順守し、継続支援B型の利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事が出来るよう、雇用契約に基…

障害者相談支援事業所「ホープ」

障害者の生活において福祉サービスがライフステージごとに途切れてしまうことなく、地域住民の一人として地…

相談支援事業所 はぎの

・事業所は、利用者等が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福…

井笠圏域障害者相談支援センターこうのしま荘

事業所は、利用者がその有する能力及び適性に応じ、基本的人権を享有する個人としての尊厳にふさわしい日常…

えがおワークス

新着記事

PAGE TOP