福祉・医療

障碍者就労の理想と現実

 

 障碍者は障碍者枠で働きたくない、そのように考えている当事者も多いのではなかろうか。

 

 障碍者枠で障碍者が働くようになったのは、ごくごく最近のことといえる。バブル崩壊するまでは、知的障碍者であっても問題なく一般就労することができた。バブル崩壊後、会社の経営が厳しくなったことで、戦力になりにくい障碍者は蚊帳の外に弾き飛ばされるようになった。

 

 一般枠から追い出された障碍者は障碍者枠に活路を見出すようになった。障碍者枠では一般にはない合理的配慮をしてもらえる。苦手な部署や仕事から外れることで、働きやすい環境を整えられる。力を発揮しやすくなる。

 

 配慮の代償は小さくない。待遇面では健常者に圧倒的に劣ることになる。健常者は全員正社員という会社であっても、障碍者枠で勤務する当事者は非正規雇用として採用するケースも珍しくない。障碍者を正規雇用しようとする動きは、特例子会社を除いては鈍いといえる。正社員になったとしても、給料はかなり抑えられているケースが多くを占める。

 

  ボスフラの他の記事に上がっていたけど、健常者なら年収600万を容易に叩き出せる。障碍者で同じだけの金額を稼げる人はどれくらいいるのか。憶測でしかないけど、1パーセントもいないのではなかろうか。障碍者は安い給料でこき使われる宿命から逃れられない。

 

 障碍者は基本的にごくごく一部の人間だけが年収数十億を叩き出し(例にたとえるとアスペルガーと公表しているイチローなど)、残りは生活保護以下の給料で生活するような状況が続いている。健常者と比較すると、超の一文字では片づけられないほどの格差社会となっている。

 

 一部だけが超勝ち組となり、残りは何も得られない。障碍者はこの宿命から逃れることはできないのかもしれない。独立するしか道がないとするなら、あまりにも悲しすぎやしないだろうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者手帳の基準が全国で統一されていないことに違和感がある
  2. 惹きつけられる魅力
  3. 未来の障碍者支援(予想)
  4. 障碍者が一般会社で働く難しさ5
  5. 障碍者支援は脳を腐敗させなければつけない職業
  6. 発達障碍は社会全体から嫌われるわけではない
  7. 知的障碍の生きにくさ
  8. 障碍者の生きる道

おすすめ記事

太陽の郷

・利用者の意向、適正、障害の特性その他の事情を踏まえて生活介護計画又は就労継続支援B型計画を作成し、…

就労支援 美ら風

1.利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から必要な訓練及び職業の提供を適切に…

障害者相談支援センターよつば

愛護会障害者相談支援センター

障害者相談支援センターは障害者の相談窓口として、地域生活等をおくる上で様々な問題について相談に応じ、…

就労支援センターイマジン

利用者の社外復帰、社会参加に向け、利用者へ雇用契約等に基づく継続的な就労の機会を提供します。 個別支…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP